読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

逆島断雄 本土最終防衛決戦編2 (講談社文庫)

逆島断雄 本土最終防衛決戦編2 (講談社文庫)

逆島断雄 本土最終防衛決戦編2 (講談社文庫)

作家
石田衣良
出版社
講談社
発売日
2019-05-15
ISBN
9784065156070
amazonで購入する Kindle版を購入する

逆島断雄 本土最終防衛決戦編2 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

石田 衣良は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。逆島断雄シリーズ、全3冊、1500頁弱、完読しました。近未来SF青春戦闘訓練アクション巨編といった感じですが、著者の作品としては、残念ながら駄作の部類です。完結と言いながら、完結っぽくないので、続編を書かないようにお願いします。

2019/06/17

Junichi Yamaguchi

『黒い疲労感』… シリーズ最終巻。 心が少年のまま身体だけが中年になってしまう悲劇を回想する。 少し短くなった少年、少女の未来に希望を願う。。

2019/06/30

naolog

重厚だったのに、最後の最後が薄っぺらくあっという間に終わってしまった。なんだこのちゃちな感じ。戦争とはそういうものなのか。

2019/08/21

HANA

ジョージがどうなるか気になる2巻。そしてそれぞれのキャラクターがどう将来を考え行動するか。実時間が短いだけに結構濃い展開で面白かった。色々解決していない部分はあるけれどそれはそれで。

2019/07/08

まひはる

氾=エウロペ連合軍の侵攻は半年後の春と予想された。だが敵の動きは予想よりも早く、戦闘訓練は駆け足で行われることに。そんな中で、佐竹宗八が「抗時間加速薬」による幻視で操縦者候補から脱落し、代わり鳥居国芳が加わった。さらに、逆島断雄が見た未来の幻視が現実となり、菱川浄児が訓練中に行方不明になってしまう。その穴を埋めたのは五王龍起だった。正操縦者・断雄を中心に新たに編成されトップチーム7人で決戦兵器「須佐乃男」を操り、九州博多湾でついに敵上陸部隊の大軍を迎え撃つことになった。断雄たちは日乃元皇国を守れるか!

2020/07/24

感想・レビューをもっと見る