読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)

七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)

七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-06-17
ISBN
9784065156780
amazonで購入する

「七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)」の関連記事

遂にキングとディアンヌが…⁉ 『マガジン』42号、『七つの大罪』に「おめでとうディアンヌ~!」と歓喜の声続出

『週刊少年マガジン』42号(講談社)

 2019年9月18日(水)発売の『週刊少年マガジン』42号に掲載された、『七つの大罪』第326話。元の大きさに戻ったディアンヌへキングが告げた一言に、「めっちゃキュンとした」「おめでとうディアンヌ~!」と歓喜の声が続出している。  復活した魔神王から世界を守るため、再び集結した“七つの大罪”メンバー。仲間を応援するエリザベスに勇気をもらったディアンヌは、マーリンの力を借りて巨人族の力を開放した。魔神王は足元の湖から魔力の供給を得ているため、湖の上で戦っている限りダメージを与えられない。そこでディアンヌは、“大地創造(マザー・クリエイション)”で湖周辺の地面に干渉。地面が割れて魔神王に襲い掛かり、彼の体を宙に押し上げる。  しかし魔神王も負けじと抵抗するため、神器・ギデオンを振り回して割れた地面を操り続けるディアンヌ。彼女の心には、仲間のおかげで強い自分になれたという自信があった。そんな思いを見下す魔神王に、「ディアンヌは自分がどうなろうと他人の心配ができる子よ」と口を挟むエリザベス。メリオダスも「そういう奴…

2019/9/19

全文を読む

『マガジン』40号、『七つの大罪』の巨大化したディアンヌに歓喜の声続出!

『週刊少年マガジン』40号(講談社)

 2019年9月4日(水)に発売された『週刊少年マガジン』40号。『七つの大罪』第325話ではディアンヌが本来の大きさを取り戻し、「こういう時のディアンヌちゃんはマジでカッコイイ」と話題になっている。

 魔神王からゼルドリスの体を取り戻すため、彼の精神世界に介入したメリオダスとゴウセル。そこへゼルドリスの恋人・ゲルダも駆けつけてくれたため、メリオダスは現実世界へ戻っていった。現実世界では、キング、バン、エスカノールが魔神王と戦闘中。マーリンの防壁の中でメリオダスの体を守っていたエリザベスは、ダメージを負い続ける3人を見てマーリンに防壁の解除をお願いする。

 危険を承知で外に出たエリザベスの回復魔法により、3人はダメージから復活。しかし未だ魔神王には傷ひとつつけられず、このままでは魔神王とメリオダスの魔力によってブリタニアが滅びかねないとマーリンが分析した。防壁を出た一行は湖の上から戦闘を見守っていたのだが、突風に飛ばされてエリザベスが空中へ。さらに雷が彼女めがけて一直線に落ちてくる。

 絶体絶命のエリザベスを救っ…

2019/9/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マキシ

あっさり大団円を迎えそうな気配があったけど、そんなに簡単に終わらないか。最後に決めるバンは、猛一人の主人公だよな

2019/06/29

感想・レビューをもっと見る