読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

川っぺりムコリッタ

川っぺりムコリッタ

川っぺりムコリッタ

作家
荻上直子
出版社
講談社
発売日
2019-06-27
ISBN
9784065160282
amazonで購入する

川っぺりムコリッタ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケンイチミズバ

生きてる限り人との関わりを持たずにいることの方が不可能だな。主人公はアパートに入居して早々に美しい大家に心を惹かれるし、ずけずけ介入して来る隣人との関係も生まれる。社会から外れたと思っても引き戻される。煩わしいことと心地よいことはともに存在していて煩わしいことから逃げてばかりでは済まないのが人生。幽霊の設定以外は隣人たちの個性がそれほどでもなく、台風一過の爽やかさもややあっさり。一人分の料理というのは作っても余ってしまうし、一緒にどうですかという経験もある。一緒にお肉をつつくのは家族の食卓にも等しいな。

2019/07/28

みどどどーーーん(みどり虫)

映画監督・脚本家としても、作家としても大好きな荻上さん。これも好き。大好き。当たり前のように感じている身近の好きな人たちを、ちゃんと大切にしようと思う。誰かを恨んだり憎んだりするよりも、今大切なことをちゃんと大切にして、自分のことは自分で幸せにしようと思う。そんな読後。

2019/10/26

ちょろこ

大事なことが詰まっていた気がした一冊。ちょっと世間からドロップアウトした人たちが繰り広げる日常。各々が見つけ感じ学びとった大事なことがさりげなく口からこぼれていく瞬間がとても良かった。それを自然と吸収して、日々変化していく山田くんにじんわりきたな。丁寧に、些細なことにシアワセを感じること、忘れがちだけどとても大事なこと。どんな人だって思いっきり感じていいよね、感じるべきだよね。桃色、紫色、今日という日が閉じていく時間の空がなぜこんなに美しい色をしているのか…一日の終わりを告げる空が今、とても愛おしい。

2019/08/03

なゆ

荻上さんが書いたと思うと、なんとなく映像で浮かぶ。はじめは白黒の寂しげな味気ない映像、でもアパートに移ってからの生活には、少しづつ色付きはじめて、まばゆく明るくなっていく。最後はびっくりするくらい美しい紫の空がいい。川っペリに建つ、昔ながらのボロいアパート“ハイツムコリッタ”。親には捨てられ気づけば犯罪を犯し、出所してきた山田くんの辿り着いたところ。どこかワケアリそうな、世間から置いてきぼりをくらってしまったような住民たちと関わるうちに…。ささやかなシアワセくらい誰だって感じていいから、一生懸命生きよう!

2019/07/28

モルク

幼い頃父と離別、高校生で母に捨てられた主人公は詐欺の受け子となり刑務所へ。30歳で出所し北陸のイカの塩辛工場に就職し川っぺりにある古いアパートに住む。勝手にあがりこみ飯を食い風呂に入っていく隣人や墓石を売る黒スーツの親子とか、関わらないつもりがいつの間にか住民たちと関わっていく。いろんな事情がある住民たち。くせも強いが味もある。誰かとご飯を食べる幸せ、誰かと作業をする幸せ、誰かと話をする幸せ。ひとつひとつはささやかだが、それに少しずつ慣れていく主人公をあたたかくみまもろう。

2020/02/15

感想・レビューをもっと見る