読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お茶の時間 (講談社文庫)

お茶の時間 (講談社文庫)

お茶の時間 (講談社文庫)

作家
益田ミリ
出版社
講談社
発売日
2019-06-13
ISBN
9784065161142
amazonで購入する

お茶の時間 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

ふらりと入ったカフェ。そんな息抜きのひと時にふと想うこと― ■何だか嬉しいエッセイを読みました。『すーちゃん』シリーズ等で人気の益田ミリさんだよ。■素敵なティールームや可愛いしつらい、魅惑のsweetsにミリさんと一緒に心ときめかせ、気軽なカフェで思うことに頷き、思わぬ人生の気付きに感心したり。「ポテトチップス〇〇味」には声を上げて笑っちゃった✩⡱ ■ミリさんが嬉しいと私も嬉しい。どこを読んでも「ああそうだよねー (ღ′◡‵) 」って思っちゃう、楽しいご本でした♪ (2016年)(→コメント欄に覚書

2020/01/18

レアル

この人の本は本当に心の芯から蕩けてしまいそうになるくらいほっこりと癒される。サクッと読めちゃうけど読了後はまるで自分がお茶の時間を過ごしリラックスできたようなスッキリ感が味わえる、そんな四コマ漫画的な本。たまに癒されたいときに読みたくなる。

2020/02/26

カフェでのあるある満載のコミックエッセイ。わかる~と思わず笑ってしまったり、ときには考えさせられる場面もあり、楽しく読んだ。出てくる食べ物もおいしそう。みんなでワイワイ過ごすお茶の時間ももちろん楽しいけれど、一人でボーっと過ごす時間も絶対必要。カフェ読書に行きたくなった。

2019/08/26

りえこ

ほっこりします。こういうことあるよねーと共感したり、ホテルのスイーツビュッフェ行きたいなーと羨ましく思ったりしました。お茶の時間を楽しみたいです。

2019/08/15

みっこ

益田ミリさんの作品をまとめ買いしたので(中古ですが)、しばらくミリさん祭りの予定。カフェやレストランに行かなくても、何か飲みながらおしゃべりや考えごとをすれば、もう『お茶の時間』ですね。最後の初々しいカップルが可愛らしく、『なんてことないお茶の時間がこの子たちから奪われませんように』という言葉にじーんときてしまった。大切な人とゆっくり会ってお茶する時間、早く戻ってきますように。アフタヌーンティー行きたいな。

2020/04/18

感想・レビューをもっと見る