読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アマネ†ギムナジウム(5) (モーニング KC)

アマネ†ギムナジウム(5) (モーニング KC)

アマネ†ギムナジウム(5) (モーニング KC)

作家
古屋兎丸
出版社
講談社
発売日
2019-07-23
ISBN
9784065161173
amazonで購入する Kindle版を購入する

アマネ†ギムナジウム(5) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

造られた者にとって、神の存在は悲劇に他ならない。創造主によって生まれたに過ぎないとする真実は、絶望をもたらせるからだ。しかし、このような世界の反転は、これまで多くの物語で描かれてきた。人間だと信じていた自分がロボットだったと知るような、そんな物語は数多とある。ところが古屋兎丸は、その先に新たなる反転を用意する。そこが凄い! 現実世界に足を踏み入れる球体関節人形達は、創造主である天音の封印した過去を開ける。いやはや、ぶっ飛びの展開だ。

2019/07/24

椿櫂

とにかく衝撃的な展開でしたが、次巻はアマネの過去が、何か重い内容になりそうですね。でも楽しみです!

2019/07/24

わち ⊱^>ω<^⊰ฅ

人形たちと外の世界へ! アマネは、はじめからアブナイ女ですから恥ずかしがらず大丈夫なのに。 そして今になって、彼らが造り出された経緯が明かされる。ふむ。 あれアマネってその辺りの記憶なかったのでしたっけ? てゆーか笹井さーん。あなたも大概ヒミツありすぎるし、いきなり車乗れとかコワイなー。 アマネ、真実と向き合う瞬間です。

2019/08/16

真霜

迫る「アマネギムナジウム」の真実と人形達のこれからと天音が封じていた過去と。前巻の衝撃の展開にいったいどうなってしまうのかとハラハラしていましたが、予想外の広がりを見せてきました。空想と現実の交差が辿り着く先は。しかけがありつつも流れるような構成に気がつけばページをどんどんめくっていました。また高い画力が美しく、気持ちがいいです。笹井さんの存在もより効くようになっており、なぜ彼がすでに天音の真実を知っているのかなど気になるところも増えていました。次巻での真相が楽しみです。

2019/08/17

shonborism

天音が作った箱庭で話が終始するかと思ったらとんでもない展開に。人形たちが現実を知って、次は天音の過去が語られる番。笹井さんの正体も気になる。

2019/07/25

感想・レビューをもっと見る