読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

舌戦 百万石の留守居役(十三) (講談社文庫)

舌戦 百万石の留守居役(十三) (講談社文庫)

舌戦 百万石の留守居役(十三) (講談社文庫)

作家
上田秀人
出版社
講談社
発売日
2019-06-13
ISBN
9784065163245
amazonで購入する Kindle版を購入する

舌戦 百万石の留守居役(十三) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

百万石の留守居役「舌戦」13巻。読み応えありましたね、加賀藩筆頭宿老本多政長の評定所及び綱吉とのやりとり貫禄の一言、瀬能和馬さん義父の姿をみて良い勉強になりましたね。

2019/06/26

なななな

我が故郷舞台の時代小説シリーズは、安定した面白さです。戦国時代から江戸時代に変わり、戦いもネチネチしたものと変化。そのことを、ネチネチと批判するこのシリーズが、現代にも通じる学びと読書の楽しさにつながっています。

2019/06/16

Atsushi Kobayashi

後半1/5以外は、またもや悪いくせで、同じような文章をコピペした感です。最近、このコピペは減ったと思ってたのですが。。

2019/06/14

うさこ@タッタカタ

冷房のきいたお部屋で大好きな時代小説をニヤニヤしながら読む至福。 岡田将生→前田綱紀 菅田将暉→数馬 小栗旬→綱吉 やだ銀魂じゃないの。

2019/08/31

mams'elle

他の人も書いていらっしゃいましたが、主人公数馬に代わって義父の本多政長と徳川綱吉の丁々発止な対面が主題のような巻。安定感のあるこの作家さんらしいストーリーがが心地良かった。次号が楽しみ。

2019/07/23

感想・レビューをもっと見る