読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パンプキン! 模擬原爆の夏 (講談社青い鳥文庫)

パンプキン! 模擬原爆の夏 (講談社青い鳥文庫)

パンプキン! 模擬原爆の夏 (講談社青い鳥文庫)

作家
令丈ヒロ子
宮尾和孝
出版社
講談社
発売日
2019-06-13
ISBN
9784065163733
amazonで購入する Kindle版を購入する

パンプキン! 模擬原爆の夏 (講談社青い鳥文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei302

多くの人に読んでほしいと強く思う。8月は戦争や原爆に関する何らかの学校行事があって、投下地(2回も!)だったので模擬原爆のことも聞いた記憶がうっすらと残っている。 敵か味方か、悪なのか正しいのかと白黒を付けるのは簡単だが、判定することは思考を止めることに繋がる。これからも、多くの人の体験談や考えに触れていきたい、そう思わせるパワーを秘めた作品でした。NetGalleyJP

2019/08/07

Roko

1945年の夏に投下された原子爆弾を正確に投下する練習用として模擬爆弾(パンプキン爆弾)が制作され、日本各地に落とされました。それを知って小学5年生のヒロカは驚きます。原爆のことは知っていましたが、その練習用の爆弾が自分が住んでいる町に落とされたという事実に愕然としたのです。わたしも、この模擬爆弾のことは知りませんでした。核物質が入っていないだけで、広島・長崎へ投下された爆弾と同サイズのものです。この爆弾の効果を測るために、同じ場所に焼夷弾は落とさずにいたという話は実に恐ろしいです。

2019/08/03

すぱちゃん

少女ヒロカと少年たくみの夏休み。第二次世界大戦末期、日本中49ヵ所に落とされた模擬原爆の自由研究に至る。おじいちゃんの料理長崎チャンポン。「このチャンポンみたいに肉も魚介も野菜もいろんな材料がまじりあって、うまい一つの味をみんなで作りあげる、そんな世界になったらエエなあ。」のおじいちゃんの発言が胸を打つ。戦争はどこかの国が一方的に悪いのではなく、戦争そのものが悪である。そう感じざるを得ない。姪に読ませたい一冊である。

2019/07/24

ちかこ

戦争をしていた時代のお話ではなく、戦争を知らない世代が戦争を調べるお話。戦争を伝える新しい方法だと感じた。

2019/10/02

感想・レビューをもっと見る