読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの (講談社文庫)

石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの (講談社文庫)

石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの (講談社文庫)

作家
清武英利
出版社
講談社
発売日
2019-06-13
ISBN
9784065163764
amazonで購入する Kindle版を購入する

石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

月六

サンズイ(汚職)を扱う警視庁捜査2課の刑事が、地道な捜査で機密費の流用を突き止めた■実名に迫力がある。内部資料も次々と露わになる。取材が深い。書けなかったことも多々あろう■二つのことが思い浮かんだ。ひとつは「はみ出し者」を飼えない組織に、大きなヤマは挙げられないという管理社会のジレンマ。そして、組織内でカラ領収書の使用が横行したとき「自分は手を染めずにいられるか」という疑問――■「仕事ができて卑しくない、という生き方はなかなかできない」。そんな台詞がある。「石つぶて」のようにいることは、至難の道である。

2021/03/24

hatayan

2002年に起きた、外務省のノンキャリアが立場を悪用して公費を横領していた事案。警視庁の捜査二課が地道な捜査の末突き止め、金の出所が政府の機密費であったことに迫るも、被疑者の口を割ることができずキャリアや政治家の疑惑を解明するには至りませんでした。1億円以上を横領した被疑者は高卒ながら省内では「影の局長」と恐れられ、省内向けの冊子で「外務省を支えてきたのはキャリアでなくノンキャリア」と強烈な自負心を覗かせていたといいます。 同じ公務員でも、放埒な外務省と地道な警視庁との歴然とした違いを感じた一冊でした。

2019/06/20

荒草ミエル

WOWOWドラマを見逃したのでまずはこちらを。重厚なノンフィクションで大満足の読後感。事件が起きる前から事件の端緒をつかむ捜査二課の仕事は、調査、検証の連続、果てしなく地味で地道な日々の連続、なおかつ事柄が大きければ大きいほど立件されずに報われない結末を迎える事も多い。本作の横領事件も末端の職員一人の逮捕のみで終わる胸糞の悪さ、大団円とはいかない歯痒さに在職中に一つでも大きな事件に繋がればいい方なのかもと思わざるを得ない。仕事ルポものとしても読みごたえあり。

2019/12/17

to boy

下手な小説より遥かに面白いノンフィクション。警視庁捜査二課による外交機密費の私的流用摘発の顛末。個性的な刑事たち(ノンキャリア)と彼らを縛ることなく自由に操作させるキャリア。結果的には巨悪には届いていないが外務省役員を摘発することのむつかしさを思えばよくやったと言いたい。最後にかかれているが、今でははみだし刑事でいる事も許されず管理されすぎて汚職の摘発が少なくなっていることが残念。ところで税金をいとも簡単に使える政府の甘さにも憤りを感じました。

2019/07/28

きょちょ

公務員の汚職は実に腹立たしい。 人間だから、「国民のために!」という気概をもって仕事をしているやつばかりではないことはわかっているつもりだが、お前が愛人に金をやるためとか、競走馬飼うためにこちとら税金払ってるわけじゃねえよ! ぼーっと(俺らの税金使って贅沢して)生きてんじゃあねえよ!(BY ちこ) 捜査は国家の機密費(機密費はある程度必要と思うよ)のところまでいくが、さすがに全貌を暴くことはできないわな。 その意味ではもどかしいけどね。 ★★★★ 

2020/02/14

感想・レビューをもっと見る