読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦国の教科書

戦国の教科書

戦国の教科書

作家
天野純希
今村 翔吾
木下昌輝
澤田瞳子
武川 佑
矢野隆
末國善己
出版社
講談社
発売日
2019-07-31
ISBN
9784065164907
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦国の教科書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

普段はアンソロジーは読まないが、今村翔吾さん既刊本を読み切ってしまったので手を出した。戦国武将ら6つの短編と解説を織り交ぜた構成で想像していた以上に楽しめた。軍師と名高い黒田官兵衛『一時の主』(矢野隆さん著)と加賀百万石の祖となった前田利家『又左の首取り』(木下昌輝さん著)の2編は面白くて他作品も読みたいと思わされた。今村さんが、裏切者として悪名高い松永久秀を描いた『生滅の流儀』は出色の出来で、あの時代の男の熱い想いと哀しさが濃厚に込められていた。邪推だが『ぼろ鳶組』の松永源吾の姓はココから付けたのかな?

2020/03/02

修一郎

タイトルと装丁がアレなので躊躇していたのですが執筆陣が旬な作家さんぞろいなので読むことにしました。戦国時代は山ほど作品化されているだろうに,新たな史実のおかげで人物像の解釈が変わっていくのが面白い。ブックガイドには同じテーマの作品がたくさん紹介されているねぇ。末國先生が史実がどこでどこからが作家の創作かを解説してくれている。自分が良く知らない人を取り上げたやつが好き。①悪童たちの海(徐海)②鈴籾の子ら(新発田重家)③蠅(興山上人)④生滅の流儀(松永久秀)⑤一時の主(黒田官兵衛)⑥又座の首取り(前田利家)

2020/01/18

みどり虫

今村翔吾目当てで購入して今村翔吾しか読んでいないけど、自分としてはとても満足に読了したので覚書として登録。たった30ページで松永久秀という人をこれだけ魅力的に見せる今村翔吾はやはりすごい!!最高!!収録されてる他作品は後日読みます…多分…。

2019/12/15

ナイスネイチャ

図書館本。6人の作家による短編集。物語の後、時代背景や解説と関連性のある書籍を紹介してます。黒田官兵衛、前田利家、松永久秀が面白かった。

2019/11/04

あも

今旬の歴史作家が各々のテーマで戦国の一側面を描く豪華なアンソロジー。まさに戦国の教科書。1発目は矢野さん。黒田官兵衛かくあるべし!と非常にテンションが上がる。首実検をテーマに若き日の前田利家を描いた木Pは文句なしの面白さ+知識を得る喜びに浸る。天野さんの倭寇は従来触れられることが少ない分野で興味深く、澤田さん初の戦国モノでもやっぱり宗教話か、と思ったが面白かった。新発田重家を主役に小領主の悲哀を描いた武川さんは切なくて心打たれる。そして掉尾を飾る今村さん。もうあんた天才だよ。こんな松永久秀初めてで最高!!

2019/09/16

感想・レビューをもっと見る