読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官

作家
川瀬七緒
出版社
講談社
発売日
2019-07-24
ISBN
9784065165430
amazonで購入する Kindle版を購入する

スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nobby

シリーズ7作目にしてもクオリティ変わらず安心して楽しめるのはスゴいね!久々にウジ大活躍な冒頭からの原因不明パンデミックに驚愕しながらも、独り不思議に対処する赤堀先生を目にして「ああ、これだなぁ」(笑)いつも通り派手な仕掛けやトリックがあるわけでなく、ただ地道に進める捜査いや探索が凡人の思考を越えていくのが心地よい。それがまたムシの導きによるのだから…「いやいや、法医昆虫学ヤバくないっすか?」癖のある今回の相棒 深水の言葉が全てを物語る。総じて、周知な方々・初出の人達ともに人物造形や出逢いが素敵なのもいい。

2019/09/22

パトラッシュ

虫が大嫌いなのに虫に食われる死体の描写満載のシリーズの新刊が出ると読んでしまうのは、赤堀涼子の強烈なキャラに引き込まれるからだ。ハチャメチャな言動と昆虫愛で周囲を引きつらせながら殺人の真相に迫る探偵など世界にもいないから。今回も赤堀が遠慮なく暴走し、相棒の岩楯がヒドイ目に遭うという予定調和ならぬ予定破壊をやってのけるプロセスに、イジメに苦しむ少年の成長物語が加わって面白さが増す。だからこそ続いているのだが、東野さんや宮部さんと違って映像化はムリだろう。虫が蠢くドラマや映画を好んで見たい人がどれだけいるか。

2019/09/12

みどり虫

おもしろいよー、おもしろいよー。もうシリーズ7作目。7作目でまだこんなに面白いの⁉︎最高!だよー。おなじみの蛆さんたち。加えて今回はツバメの巣のお勉強をし、カバキコバチグモの画像検索もし、煙草虫なんてもんを知り、それに事件解明に向けて、相変わらず変人で魅力的な人物たちの活躍だもの。もう全編通しておもしろいよー。このシリーズ好きで、文庫で揃えてってる。文庫の表紙はなんとかならんもんだろうか…と思いながらね…。でも、おもしろいよー!!

2019/11/24

Yoko Omoto

シリーズも7作目となるが、毎回これほど楽しみな作品もそうそう無い。マストのウジ描写に加え、現場に居合わせた全員に猛烈な痒みを引き起こした謎の虫など、シリーズ最恐かとも思える強烈な解剖シーンからスタート。ツバメに興味を持つ謎の少年、何かと食えない態度を見せる岩楯刑事の新相棒、赤堀の助手を渋々買って出た波多野など、物語を動かすキャラ達は今回も実に魅力的だ。赤堀と岩楯の掛け合いは笑い無くして読めず(笑)、クライマックスのお約束も抜かり無し。今回も安定感と新鮮な驚きに満ちた、期待を裏切らない面白さに大満足だった。

2019/11/09

yu

Kindleにて読了。毎回、初めて聞く虫たちがおぞましいぐらい登場するシリーズ。世界で一番危険な生物「蚊」にも色々あるんですね。っていうか、怖すぎる。今回の犯人は、なんていうか。。。赤堀さん、いつかマジで大けがする気がする。

2019/09/03

感想・レビューをもっと見る