読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

水の絵本 (講談社の創作絵本)

水の絵本 (講談社の創作絵本)

水の絵本 (講談社の創作絵本)

作家
長田弘
荒井良二
出版社
講談社
発売日
2019-08-22
ISBN
9784065167748
amazonで購入する

ジャンル

水の絵本 (講談社の創作絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

大好きな長田弘さんと荒井良二さんのコラボ絵本。水の美しさ・尊さ・かけがえのなさを伝える優しい詩と、素敵な色使いの絵に包まれて、水辺への旅に同行できます。長田先生が言った、水は神様たちのおしっこだよ、そうなんですねと私はこたえ、そしてこのレビューを書いた。荒井先生には、あれってメキシカンな帽子ですか?を教えてほしい。

2020/02/29

シナモン

図書館本。身近な水の存在。「どんないろもしてないのに どんないろにでも なれるもの」「さわれるけれど つかめない きってもきれないもの」言われてみれば、当たり前のことだけど絵の美しさも相まって心に響いた。哲学的だなーとしみじみしてたら最後の落ちに、えっ!と軽い衝撃が…。なかなかユーモアがありました。

2019/11/08

chimako

中学1年生に読む。なにいろでもないのに、なにいろにもなれる。かたちがないのに、どんなかたちにもなれる。きれないのにすくえる。水の不思議と水の偉大。生きているどんなものにもなくてはならないもの。短い詩だけれど、響く。荒井良二さんの大胆で美しい絵も素晴らしい。

2020/01/28

けんとまん1007

大好きな長田弘さんの詩と、新井良二さんの絵。その色合いの圧倒的な綺麗さが、水面の鏡を思い起こさせる。水とは、本当に不思議な存在であるし、命の根源でもある。そんなことを、思い起こさせる1冊。

2019/10/25

Natsuki

今日みたいなお天気のよい日に、窓を開けて風を感じながら読むのにぴったりの絵本♪ 長田弘さんの詩に、荒井良二さんの絵。この組み合わせのシリーズ?他にも「森」と「空」がありますが、思いっきり体を伸ばして、深呼吸したくなりますヽ(^。^)ノ ひとつだけ、帽子が気になる(笑)メキシカンハット?何故に?( *´艸)

2020/04/29

感想・レビューをもっと見る