読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

もうひとつの曲がり角

もうひとつの曲がり角

もうひとつの曲がり角

作家
岩瀬成子
酒井駒子
出版社
講談社
発売日
2019-09-26
ISBN
9784065168806
amazonで購入する Kindle版を購入する

もうひとつの曲がり角 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

小5の朋は2ヶ月前に市内の東側から西側の母の理想の家に引っ越して来た。学校も変わり、将来役に立つからと無理やり通わされることになった英会話スクール。ある日スクールが休講になり、ふと通ったことのない道へ行ってみると。。同じ道なのに違う時間が流れるような不思議な感覚、誰にも相談できない朋の気持ち。母親の気持ちも理解は出来るけれど、子供に押し付けるのは良くないと思った。

2020/05/24

14番目の月

とても懐かしさを感じる物語。 遠い昔遊んだ路地や広場、小さな商店、色々なものが思い出されてどこかもの悲しくなってしまった。 いつか夢の中で探索してみたい世界です。

2020/02/04

モモ

小5の朋と中1の晴太は春休みに「母の理想の家」に引っ越した。母に将来のためと言われ通い始めた英会話スクールの近くに、いつもと違う風景を見る。子どもは色々と考えているんだなと、今さらながら思った。中学生になり、今まで親の言うことを聞いていた子が自分の意思で物事を決める。そこはちゃんと尊重しなきゃいけないと我が身を振り返った。酒井駒子さんの絵がぴったりの、しみじみと良い話。

2019/11/13

東谷くまみ

いや、耳が痛い(笑)お兄ちゃんとの会話、この前うちでも繰り広げられたもの😅手抜き主婦の私なんかよりはるかに頑張るお母さんの言いたい事や気持ちが手に取るようにわかってツラいツラい。私も子供の頃があったはずなんだけど。お兄ちゃんの部屋の扉と思春期の心とが重なって。こういうものなのかもなぁ。開いてると思ったら閉まってて、閉まってると思ったら少し開いてて横顔や背中が見えて。そっと声をかけてみたり見て見ぬふりをしてドアを閉じたり。いつか完全に開いたら、その中にある美しい絵や私の知らない物語を話してくれたらいいな。

2020/08/24

信兵衛

岩瀬成子作品、やはり素晴らしい。また、酒井駒子さんの挿画も魅力的です。お薦め。

2019/11/04

感想・レビューをもっと見る