読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化物語(7)特装版 (講談社キャラクターズA)

化物語(7)特装版 (講談社キャラクターズA)

化物語(7)特装版 (講談社キャラクターズA)

作家
西尾維新
大暮維人
出版社
講談社
発売日
2019-10-17
ISBN
9784065171639
amazonで購入する Kindle版を購入する

「化物語(7)特装版 (講談社キャラクターズA)」の関連記事

「やっぱり大暮維人先生の忍は美しい」『マガジン』48号、『化物語』単行本発売記念巻頭カラーに歓喜の声

『週刊少年マガジン』48号(講談社)

 2019年10月30日(水)発売の『週刊少年マガジン』48号では、新章に突入したばかりの『化物語』が巻頭カラーで登場。忍野忍が描かれた扉絵イラストに「表情豊かでめっちゃ可愛い!」と歓喜の声が相次いでいる。  西尾維新の小説を原作とし、『エア・ギア』『天上天下』などの大暮維人が作画を手がけている同作。今回の巻頭カラーは、10月17日(木)に単行本の最新第7巻が発売されたことを記念したものだ。扉絵になっているのは、ヘルメットにワンピース姿の少女・忍野忍のイラスト。口を引っ張って威嚇している姿やヘルメットを脱いでドーナツをほおばっている姿など、さまざまな表情とポーズの忍が描かれている。  このイラストは7巻特装版の表紙と同じもので、ファンからは「単行本とリンクしてるの嬉しすぎる!」「特装版とはテイストの違う感じがいいね」「やっぱり大暮維人先生の忍は美しい」と大好評だ。  さらに扉絵ページには、プレゼント企画の告知も掲載。カラーページについている応募券をハガキに貼って応募すれば、抽選で20名に豪華オリジナルカレンダ…

2019/10/31

全文を読む

関連記事をもっと見る

化物語(7)特装版 (講談社キャラクターズA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

leo18

ここに来てアニメや小説と違ったアレンジがオリジナリティとしてうまく出てきたのでは。

2019/10/23

零崎夢織

登録漏れ

2020/06/21

生ハム

相変わらず美しい絵が目に留まります。漫画は電子書籍で買うようになっても、このシリーズは特装版を実物で買い続けるんだろうなぁ。 その一方で、特に前半での羽川とのやりとりはひどかった。こういう、原作になかった部分こそが真骨頂なのかもしれない。店員さんかわいそうになるほどひどいw 不思議なメディアミックスというか、アニメ版の影響を受けて原作も徐々に変わり、漫画版はそのハイブリッドという感じ。ある意味では、原作が二つあるのかも。小説とアニメ、二つの作品のコミカライズ。

2019/12/15

たけこ

阿良々木と神原が原作より変態になってる気がするw

2019/10/20

琉希乃

アニメも観たけど映像とは違う場面が追加されたり大暮さんならではの迫力がある。 元々物語シリーズは撫子推しだけど漫画版可愛い。音無目と言うか控えめな女の子だから好かれそう。守ってあげたくなるようなタイプ? 同姓からどう思われるのかはひとそれぞれだかど。 最後の短々編では友達とは何かを考えるより友達のことを考えて欲しいと言うのはその通りだと思う。撫子って冷たいわけじゃないとは思うけど何か考え方に違和感が感じられる。

2019/12/11

感想・レビューをもっと見る