読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

無限の住人~幕末ノ章~(1) (アフタヌーンKC)

無限の住人~幕末ノ章~(1) (アフタヌーンKC)

無限の住人~幕末ノ章~(1) (アフタヌーンKC)

作家
滝川廉治
陶延リュウ
沙村広明
出版社
講談社
発売日
2019-10-23
ISBN
9784065171783
amazonで購入する Kindle版を購入する

無限の住人~幕末ノ章~(1) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雰囲気は踏襲されているが、むしろ読みやすくなったような。近藤がサイコパスっぽくて、土方が良くあるような感じで、山南が秘密結社の幹部という、ちょっと暴投気味の設定が乙。竜馬は割りとありがちにしてあるということは、この後に…

2019/10/28

3 まさかの『無限の住人』の公式な続編? 原作も作画も初めて見る名前だが、はっきり言って作画は本家の沙村氏のタッチそのもの。ほとんど見分けがつかない。沙村氏が描いていると言われたら普通に信じるレベル。しかし、作画がここまでそっくりなだけに、それ以外の部分での本家との違いが余計に気になる。特に根本的な部分だが、やっぱり万次が初対面の坂本龍馬を相手に、いくらホラ話の類として受け取られると思っていたとしても、血仙蟲の弱点までベラベラと喋るのは違和感しかない。万次ってそこまでバカじゃなかったと思う。

2019/11/01

たー

まさかまさかのスピンオフ!ある意味続いてないけど続きが読めるなんて、感無量です。ただ沙村先生は原案。なので、画柄は若干違います。アクションシーンの迫力や構図がちょっと解りにくいなぁ、とは思うものの、とりあえず面白くなりそうな展開です。かなり血生臭くなりそうなので、それだけじゃない話の深みに期待してます!先が楽しみです。

2019/10/28

きつね

絵に違和感無くて良い

2019/10/26

毎日が日曜日

★★★★ 万次がジョン万次郎になってる!作画が変わってるけど違和感はないな。

2019/10/26

感想・レビューをもっと見る