読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵 (講談社の創作絵本)

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵 (講談社の創作絵本)

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵 (講談社の創作絵本)

作家
神田松之丞
石崎洋司
北村 裕花
出版社
講談社
発売日
2019-11-28
ISBN
9784065172162
amazonで購入する

講談えほん 大岡越前 しばられ地蔵 (講談社の創作絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

花ママ

読友さんのレビューで面白そうと、さっそく読みました。講談社が出版している〈講談えほん〉3冊既に出ていて、これは2冊目。 人気の講談師神田松之丞さんの監修とのこと。大岡さばきが、子どもにもわかりやすく書かれていました。面白かったです。 小学校での読み聞かせに使うなら、5,6年生からかなぁ~。

2020/02/13

ヒラP@ehon.gohon

意外な展開に、驚いたり笑ったり感心したり、なかなかに味わいのあるお話です。 とてもこ気味の良い語り口調の、講談絵本なので、声を出して楽しみたいと思います。 最後まで予想できないお話なので、後は語りが勝負です。 大岡越前の人柄も魅力ですね。

2021/03/16

gtn

溜飲が下がる。戦前くらいまで落語より、勧善懲悪の色合いが濃い講談の方が人気があったのも、それだけ息抜きが必要な世の中だったからか。

2021/01/20

キビ

よっ名奉行!大岡越前守っていう感じ。講談絵本なので、実際に聞けたらもっと素晴らしいのだろうと思う。読み聞かせには練習が必要だ‼︎

2020/03/29

おはなし会 芽ぶっく 

神田 松之丞さん監修の講談えほん。神田 松之丞の講談を生で聞くのはチケットがなかなか取れないそうですね。おはなしは、無実の罪を着せられた荷担ぎの弥五郎を、大岡越前が裁きで救う。文字が多く、抑揚など考えると絵本にすることはないだろうな、と思います。

2019/12/01

感想・レビューをもっと見る