読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

渡くんの××が崩壊寸前(8) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(8) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(8) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
鳴見なる
出版社
講談社
発売日
2019-10-04
ISBN
9784065172919
amazonで購入する Kindle版を購入する

渡くんの××が崩壊寸前(8) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

見送りに行ったはずが一緒に電車に乗り込んでしまい、そのまま紗月の実家へ。明らかになってゆく離れていた間の事情でしたけど、向こうに義兄の直くん2号がいたんですね…それだけ直くんの存在大きかったんだろうなあ。想いに自覚の兆しも見えてここからどうなるかですねえ。

2019/10/05

玉瑛

紗月の生い立ちが明らかになるお話。もしかしたら、今までで1番情緒がまともな人間が登場したかもしれない直くん2号。

2019/12/30

ぬりかべ

紗月の色々な表情が見れとれた巻 紗月側の事情も明らかになる中、それを見抜いていた 鈴はスゴいと思う 79から83ページまでのシーンは「ある」覚悟、期待と不安そして落胆が見て取れましたね 巻末に向けて紗月へのエールにより紗月の心に少し変化が見て取れました 口先でなく心からの変化なのではないかな? それにしてもこんなタイミングで何気に伏線ぶっこんで来る作者w さて、また半年まつとしようか

2019/11/04

リフル

★☆☆☆☆

2020/09/12

うぃ

1.0 ちっとも面白いと思えない。ここまで。

2020/01/31

感想・レビューをもっと見る