読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドメスティックな彼女(25) (講談社コミックス)

ドメスティックな彼女(25) (講談社コミックス)

ドメスティックな彼女(25) (講談社コミックス)

作家
流石景
出版社
講談社
発売日
2019-11-15
ISBN
9784065173633
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドメスティックな彼女(25) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

夏生と芹沢との関係、瑠衣も梶田との関係に決着がついて、瑠衣と陽菜の姉妹も改めて自らの気持ちを自覚して、ここから二人が、そして夏生がどうするか。わりと自然な感じでなるようになりつつあるからこそ、今更な萩原の余計なおせっかいが変な風に作用しないといいんですけどね...。

2019/11/17

チューリップ

終わりに向かっているのか最初の三角関係に戻ってきたなという感じの展開。姉妹は爽やかに恋のライバル関係になっているけれど落ち着いて考えたら凄いドロドロよな。ヒナの気持ちも知らされちゃったしこれであっさりヒナと夏生がヨリ戻したらちょっと嫌だな。

2022/08/04

スナ

再び並び立つ陽菜と瑠衣。

2019/11/17

毎日が日曜日

もっとずぶずぶでドロドロな展開が見たいな。

2019/11/17

ちくし

次から次へと女の子に好かれるナツオ。千切っては投げ、千切っては投げ、良い御身分で。こちは、妬みで、嫉みで、焼き焼き。丸焦げです 若ければ、、、若ければ、、、、ないか

2020/10/19

感想・レビューをもっと見る