読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮辻薬東宮 (講談社文庫)

宮辻薬東宮 (講談社文庫)

宮辻薬東宮 (講談社文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
薬丸岳
東山彰良
宮内悠介
出版社
講談社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784065174166
amazonで購入する Kindle版を購入する

宮辻薬東宮 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

人気作家5人(宮部みゆき、辻村深月、薬丸岳、東山彰良、宮内悠介)のちょっぴり怖いリレーミステリーアンソロジー!

2019/11/27

ピロ麻呂

宮部みゆき「人・で・なし」、辻村深月「ママ・はは」がズバ抜けておもしろい。薬丸岳作品もいい。その後が… 宮内悠介作品はプログラミングの話でよく分からずホラー感もない。アンソロジーだから万人受けするストーリーにすればいいのに。3走までトップだったのが、4走で追いつかれ、アンカーで失速(T_T)ちょっと残念でした。

2019/11/20

シフォン

タイトルは、著者5人の頭文字のリレーミステリーアンソロジー。ホラーはどちらかというと苦手なのですが、ドキッとしながらも上手くバトンを繋いでいる作者たちに感心した。だるまではじまり、だるまでおわる。

2020/04/24

mincharos

宮内悠介さんだけが初読。「宮」で始まって「宮」で終わりたいからの採用だろうか?(失礼!)辻村さんの「ママ・はは」は読んだことあったけど、再読でも面白かった。抑圧的な母親、、私が一番なりたくないもの!宮部さんはやはり最高。薬丸さんの初ホラーも読めて満足。夏目刑事ー!東山さんのスマホが欲しい台湾が舞台のやつも、面白かった!最後の宮内さん、ホラーですらなく、でもちゃんと居酒屋「だるま」で繋がっていてそこは満足。でも、、、順番を全くの逆さまにしたほうがより満足感が得られた気がするなー!!ちゃんと写真で繋げてよーー

2020/03/12

らび

5人の人気作家によるリレーアンソロジー。ホラーミステリーな雰囲気でしたがそれぞれに読み応えがあり面白かったです。トップに宮部みゆきさんが来たのは構成的に正解。辻村さんの作品多く読んでないけどこういったのも書くんだ~と意外な感じ、でもとてもよかったですね。私は薬丸さんがお気に入りです。ラストの宮内さんは違うテイストですが「だるま」で宮部さんにきちんと返しました。アンソロジーならではの楽しみが満載の1冊です。

2020/02/18

感想・レビューをもっと見る