読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしの芭蕉

わたしの芭蕉

わたしの芭蕉

作家
加賀乙彦
出版社
講談社
発売日
2020-01-30
ISBN
9784065174319
amazonで購入する Kindle版を購入する

わたしの芭蕉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kei.ma

夏の句を、例えば、暑き日を海に入れたり最上川、と詠む。冬の句を、例えば、冬庭や月もいとなるむしの吟、と詠む。芭蕉さんの句に近づくと、夏の暑さにも頭を下げたくなるし、また、冬の寒ささえ綺麗で暖かい気持ちになる。もちろん、月日は百代の過客にして、と始まる奥の細道の文字を一つ一つ目で追うと、欲とか望みすら感じられないほどの研ぎ澄まされた感覚にただただ呆然とするのみであった。そして、芭蕉さんの推敲の過程が明かされているなど、兎にも角にも随所に興味が惹かれて飽きない一冊であった。

2020/08/12

okatake

小説家であり、キリシタンである加賀乙彦さんの芭蕉論。 3部構成ですが、特に第1部で芭蕉俳句の推敲課程の解説と加賀氏の詠みがとても興味深いです。 あの芭蕉でも何度も繰り返して推敲を繰り返している。私など一度詠んだらそのまま。では、上達するわけはないと妙に納得しました。 それにしても、加賀さん90になってもここまで芭蕉の俳句や解説書を読み込んで書き下ろしを書かれるなんてすごいです。

2020/03/16

たつのすけ

2020/02/08

感想・レビューをもっと見る