読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ)

作家
森博嗣
出版社
講談社
発売日
2019-10-23
ISBN
9784065174456
amazonで購入する Kindle版を購入する

神はいつ問われるのか? When Will God be Questioned? (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nayu

神はいつ問われるのか?   実に哲学的な一冊だった。     しかしまぁこの主人公二人組の掛け合いも板についてきましたな。

2020/03/28

yu

Kindleにて読了。相変わらず小難しい。自分のバカさ加減にうんざりするほど。でも読みたくなるんだよねー。

2019/10/27

南雲吾朗

ヴァーチャルとリアルの世界の曖昧さ。ヴァーチャルを基軸とする物語。こういう世界観を見るといつも映画「インセプション」を思い出す。インセプションの中で老人がたくさん眠って仮想世界に入っている場面で「彼らは眠りに来ているんじゃなくて、目覚めに来ているんだ」というセリフが印象に残っていて…。神の存在とは、何なのだろうと改めて考えてしまう作品だ(続く)。

2020/01/15

Tenouji

リアルとヴァーチャル、個人主義など、ちょうど考えていた時だったので、ところどころの著者のコメント的な記述が、響いた。知性の働きは自然でもあるが、生命繁殖にブレーキをかけるものでもある…と。

2020/03/18

bura

wwシリーズ2冊目。楽器職人グアドは技師のロジにアリス・ワールドというヴァーチャル空間でのドライブに誘われる。そこで起こったシステムダウンと強制ログアウト。2人はヴァーチャル世界を司る人工知能と対話する命を受け、再びログインする。そこにはクマのぬいぐるみを抱いたアリスという少女が待っていた。「ヴァーチャルとリアル」がテーマ、2人の冒険も楽しめる。アリスとグアドの知性についての議論が美しかった。「人は神になるより甘えていたい」というグアドの言葉が素敵だ。このシリーズ、作者はかなり楽しんでいるなあ。

2020/07/02

感想・レビューをもっと見る