読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヴィンランド・サガ(23) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(23) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(23) (アフタヌーンKC)

作家
幸村誠
出版社
講談社
発売日
2019-11-22
ISBN
9784065175071
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヴィンランド・サガ(23) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

ヴァイキング全盛の時代に、争いを避けて平和な国ヴィンランドを目指すトルフィンの冒険を描く漫画。トルフィンがグズリと??ハーフダン怖ぇ!!シグやんやっぱいいやつ!!な23巻でした。 巻末には大好きな新選組の読み切り漫画も付いていて、お得感満載。★★★★☆

2019/11/25

柏バカ一代

シグやんがハーフダンに逆らって、男を爆上げしてハトちゃんと仲間達と一緒に独立したら、話が一気に進んだ。2年後だって。 トゥルフィンが金持ちになってるw赤ちゃんだったカルリも大きくなってる!wそれに対して姉のユルヴァが弟がハーフダンの息子の花嫁を攫った事が心労になって凄い事になってたwそれを詫びに行ったらハーフダンが結婚式挙げさせてるのが凄いwシグやんもノルウェーで頑張ってるんだ。 さて、どうなるんだろう? 読み切りの沖田総司の話もなかなか・・あ、地元の名前が出てる。

2019/11/23

眠る山猫屋

表紙買い。いや表紙の凄さに迷わず買いました。すっかり忘れてましたターフダン様。スーパーサイヤ人と化した父上に立ち向かうシグやん・・・。23巻はシグやんの巣立ちの巻でした。ほんっとに優しい男だなぁ、シグやん。なんか鬱陶しいヤツだと誤解してたよ。ハーフダン様も優しさの解る父親で良かったね。親子で顔が怖いのは仕方ないとして。今回影の薄い主人公トルフィンは二年の航海をすっ飛ばして(ビザンティウム楽しみにしてたのに)家族持ちになり、故郷に錦を飾りましたとさ。そして読み切り『さようならが近いので』心に沁みました。

2019/11/23

exsoy

まるっと1冊シグやん回。顔がハーフダン似で怖いだけでめちゃくちゃ優しいヤツ。

2019/11/30

美周郎

シグルトが農場のボンクラ息子のように人間的に成長した?悪党面から険が取れ肩の高さが下がる。今後ピンチのときの強力助っ人要員2号として期待。

2019/11/22

感想・レビューをもっと見る