読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

えらぶえほん (講談社の翻訳絵本)

えらぶえほん (講談社の翻訳絵本)

えらぶえほん (講談社の翻訳絵本)

作家
ニック・シャラット
ピッパ・グッドハート
聞かせ屋。けいたろう
出版社
講談社
発売日
2019-11-21
ISBN
9784065176061
amazonで購入する

ジャンル

えらぶえほん (講談社の翻訳絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

各ページの質問(どれがいい?)で好きなものを選んでいく絵本。特別支援学級で読もうと思いましたが、密にならないように気をつけているため今回は見送り。みんなでワイワイ楽しむ時間が早く過ごせるといいですね。

2021/07/04

なま

★4 『ねえ、どれがいい?』 ジョン・バーニンガムの著書と同テーマ。こちらの本は絵が細かく【指さし】を求められるので、親子や少人数向き。 ひみつのドア、欲しいなぁ~!サンタのソリに乗りたいなぁ~!毛虫やイモムシスープは・・・と、えらぶ作業が楽しめる。4分ほどで読めますが、選択や間を考えたら時間はいくらでもかかりそう。汗

2021/06/20

遠い日

ニック・シャラットの絵を求めて。ひとりでああかこうかと考えながら読み進むのもいいし、何人かで自分の選択をわいわい披露するのも楽しいだろうなぁ。気分を変えれば、何度でも無限の選択肢があるのがいい。

2020/01/19

elica

2021年7月の絵本勉強会で私と小一三男がおすすめした絵本。気分でどんなものを選ぶのかが楽しい絵本。「自分で決める」ってことがいいのかもね!久しぶりに行く登校日で、友だちと読むなら、と選んだ一冊。

2021/07/26

感想・レビューをもっと見る