読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪徳の輪舞曲 (講談社文庫)

悪徳の輪舞曲 (講談社文庫)

悪徳の輪舞曲 (講談社文庫)

作家
中山七里
出版社
講談社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784065176764
amazonで購入する Kindle版を購入する

悪徳の輪舞曲 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソルティ

ホントはずれ無し、今回も1日で読了。さすがの御子柴も家族相手だと動揺してしまうようで、洋子の言葉にもちょっと揺れるのが意外と素直だな、と思ったり。成沢は被害者遺族への代償行為、と言っても一緒に暮らすうち少し情が湧いたのでは。偽装工作がバレるよう、遺産は受け取れるようにしたのだから。被害者から落とすとは驚愕!「「(前略)日本の法律はやっぱりおかしいですよ。刑法三十九条だとか少年法だとか。精神を病んでようがガキだろうが、犯した罪に変わりはないじゃないですか。人を殺したら極刑に問われて当然なんだ。(後略)」」

2020/01/22

キムトモ

御子柴弁護士最終章⁉︎今度は実母の弁護。相変わらず優秀でした…何故御子柴が猟奇殺人を犯すキャラ設定にしたのかなぁ〜〜がシリーズ通じての感想🤔人殺しをした人だからこその響く台詞もあるのですが…それがなくても優秀だろうに…まぁ面白いシリーズなのは確かお勧めです👍(ノ-_-)ノ~┻━┻筆者の別シリーズへ

2020/03/09

SJW

悪徳弁護士 御子柴シリーズ第4弾。御子柴は30年ぶりに会った妹 梓から殺人罪の被告となった実母の郁美の弁護を依頼される。かなり不利な郁美の弁護をするにあたり、親子の関係を断ち切り冷静に進めようとするが、当惑する姿勢に初めての弱みを感じる。加害者家族への憎しみが今回のテーマだが鮮やかな弁舌の法廷、どんでん返しの展開が魅せられて引き込まれてしまった❗今までのリーガルサスペンスでは。なかなか理解できなかった、検事と弁護士の丁丁発止の駆け引きが手に取るように分かったことも大きな収穫だった❗

2021/01/20

KAZOO

中山さんの最新の文庫で悪徳弁護士といわれている人物が意外な依頼者によって今回はかなり精神的な負担が大きくなっています。実の母親が再婚相手を殺したという(本人も子供の頃の事件で殺人を犯している)、マスコミが飛びつく話になるのですがそれを跳ね除けて最後はうまく決着をつけています。ただ最後に母親の言葉に驚かされる、という場面があります。

2019/11/20

ponpon

御子柴シリーズ第4巻。長いこと音信不通だった母親が殺人の疑いで起訴されることになり、その弁護をすることに。本人は否認しているが、物証も揃い圧倒的不利な状況から無罪を勝ち取れるのか…。登場時は冷徹なマシーンのようだったが、家族の言動により揺れ動く描写が素晴らしい。また被害者・加害者の家族の苦しみと、正義マンのごとき無責任な野次馬らの醜さがこれでもかと描写され印象に残る。その後の最終弁論でのカタストロフィは快感を感じるほどで、このシリーズの魅力だと思う。一気読みで中断の暇を与えない一冊です。

2019/11/20

感想・レビューをもっと見る