読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アルキメデスの大戦(18) (ヤンマガKCスペシャル)

アルキメデスの大戦(18) (ヤンマガKCスペシャル)

アルキメデスの大戦(18) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
三田紀房
出版社
講談社
発売日
2019-11-06
ISBN
9784065177235
amazonで購入する Kindle版を購入する

アルキメデスの大戦(18) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

4 新刊読了。ドイツがポーランドに侵攻し、ついにWW2が幕を開ける。ヒトラー率いるナチスドイツの日本へのすり寄り、日米交渉の開始など、できごと自体は史実だが、常にその中心にフィクサーのごとく櫂がいる。一方で、本作で登場した、旧日本軍の愚将の代表格ともいえる牟田口など、実名の歴史人物もガンガン登場する、このフィクションと史実のバランスが絶妙で面白い。また今回の日米交渉にしても序盤の大和建造会議にしても、動きのない会議シーンでこれだけ面白くできるのはやっぱりすごい。何より半端ないのは速筆、多作ぶりだが。

2019/11/18

愛理ちゃん88

日米和平協議の櫂中佐の交渉術のストーリーを考えた作者の力量に感服した

2020/01/01

Yoshiki Yamada

櫂直の交渉術には感嘆するばかり。理だけでなく情への理解も深い人間はやはり強い。アルキメデスの大戦を読む中で、歴史について今一度勉強し直し、過去から教訓・法則を学び自分の生き方に活かしていきたくなった。

2020/05/04

Hiroki Nishizumi

世界では正義や情は通用しない! 因循姑息な上司と敵の狭間で自分らしく振舞えるとは、立派だ。

2020/04/20

冬道

 菅田将暉による邦画を見たことによって、興味がわいてきたので、最新刊?のみレンタルしてみました。映画は、戦艦大和にまつわる太平洋戦争時であったと思ったのですが、この巻では、日中戦争あたりでまだ真珠湾よりも前のお話でした。この濃い内容を2時間の映画に収めるのは、かなりの圧縮作業であったことでしょうね。原作にも興味がわきました。

2020/01/13

感想・レビューをもっと見る