読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC)

作家
恵三朗
草水敏
出版社
講談社
発売日
2019-10-23
ISBN
9784065178768
amazonで購入する Kindle版を購入する

フラジャイル(16) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

ゲノム医療の続き。前回は遺伝子の研究が医療の未来をどう変えるかが描かれていたが、今回は研究がどう現場に実用化されるかの事例というか、剛腕すぎるこんな方法があるんだという内容だった。いくら有望な研究でも患者に活かされなければ意味がない。何が手段で何が目的なのか。手段と目的を取り違えるなよって声を大にして叫んでいるように感じられた。実際、お金がらみで患者目線が全く失われていることがあるのでは。そして医者の領分、患者の家族の領分の意味合いも丁寧に描かれていてじわっとなった。やっぱ間瀬&岸が最強コンビ。

2019/10/25

くりり

癌治療は効果や副作用が人によって千差万別、現実でも夢の新薬が夢で終わらなければいいなぁ...。 コンプライアンス重視な壁ドンは恋の病(笑)

2020/01/17

wata

新たな癌治療薬が出来たとして…副作用や全員に効くわけでは無いだろうし。父の癌闘病を経験した私は、抗がん剤治療で苦しむ父の姿を見て、もし私が癌になっても抗がん剤治療だけはしたくないと思った…⤵️

2020/01/04

でんか

たいへんおすすめ医療漫画。16巻目は前巻からの続き、ゲノム医療編。テーマ的に、岸先生というより、円さんとか稲垣先生・間瀬さんとかがメインに話を進めてく感じ。二か月連続刊行と言うことでトントンと読めてよかった。郁ちゃんと作山さんがそばを打つシーン、患者さんの爪、そういう泣かせるエピソードもさることながら、創薬のステップ、企業買収という経済ネタまで盛り込んであっていつもながらに面白く拝読。間瀬さんがスーパーキャラすぎるわ。巻末の小話も楽し。

2019/10/30

まふぃん

薬の話なので難しかった。 本当にこんな薬ができるんだろうか?! 実現したらいいな。

2019/12/07

感想・レビューをもっと見る