読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社文庫)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社文庫)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社文庫)

作家
清武英利
出版社
講談社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784065178911
amazonで購入する Kindle版を購入する

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hatayan

1997年に破綻した山一証券の最期を看取った社員の知られざる奮闘を記した名著。単行本は2013年刊。2015年に引き続き2019年に2度目の文庫化。稼ぎ頭だった営業の部署に比べると地味でさえない内部管理のスタッフが、会社の不正が常習化するまでの原因と経過を当事者から粘り強く聞き出し緻密な報告書を取りまとめるまで。2019年版では、清算業務を支えた社員が鬼籍に入り始めていることが記されるほか、著者と同世代の池上彰氏が熱く温かい解説を寄稿。これまで『しんがり』を読んだことがある者でも新たな発見のある一冊です。

2020/06/02

penguin-blue

就職活動時、山一は人気企業ランキング上位にいて数年後に破綻するなんて思いもしなかった。あの頃からなくなったり低迷した企業はけっこうあるけど、会社の運命なんてわからないものと印象付けた走りだった気がする。会社を立ち上げ育てるのも大変だけど、人が作った会社の終焉に立ち会い、それを綺麗に終わらせるのも大変なこと。むしろ光が当たらず得る果実がない分、そこに力を傾けるのはより大きな意志の力が必要なのかもしれない。やや劇画帳にすぎるきらいはあるが、会社員としては身につまされ、しんがりをやり遂げた彼らを心から尊敬する。

2020/02/03

kk

山一証券が自主廃業に追い込まれたあと、破綻原因の調査と清算業務のため、最後の最後まで修羅場に踏み止まった人たちの物語。沈む船から逃げていく上役や再就職のために去っていくかつての仲間たちの姿を目の当たりにしながら、なぜ彼らは敢えて持ち場を捨てなかったのか、何が彼らを支えたのか。企業であれ何であれ、世の中、本当に酷い人々と立派な人々がいるんだなと、今さらながら感心させられ、また組織の中で生きることの難しさを痛感させられました。「サラリーマンの哀しいほどの律儀さと志操の高さ」に、kkも圧倒されてしまいました。

2021/06/16

4丁目の父ちゃん

社員が頑張ってもこんな経営陣がこんなことをしていれば自主廃業もやむ終えないだろうが。多かれ少なかれどこの会社でも私服をこやす役員さんがいるのだろう、半澤直樹が一社に一名いなければね(笑) しんがり12名、お疲れ様でした。

2020/08/17

ふじこ

一九九七年、山一證券倒産。百年もの歴史を誇る証券会社が破綻したのは、二千六百億円にも上る簿外債務が理由だった。社長の号泣会見を機に次々と再就職先を決めて去っていく社員たち。残された者たちは精算業務と破綻の真相を突き止める調査チームに分かれて動き出す。長い歴史の中で隠蔽されてきたもの。彼らはヒアリングの中でそれを暴き、詳細な調査報告書を作り上げていく。彼らの奮闘が、今のコンプライアンス重視の社会の礎となっている。働くなら彼らのように矜持を持って働きたいな、と思った。

2020/04/21

感想・レビューをもっと見る