読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

未熟なふたりでございますが(5) (モーニング KC)

未熟なふたりでございますが(5) (モーニング KC)

未熟なふたりでございますが(5) (モーニング KC)

作家
カワハラ恋
出版社
講談社
発売日
2019-12-11
ISBN
9784065179932
amazonで購入する Kindle版を購入する

未熟なふたりでございますが(5) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むっきゅー

ひたすらイチャイチャしてるだけで、レビューが書きにくいな、これ...。一線を越えてからは、猿状態。通勤電車で読む作品ではないことだけは言える。

2019/12/14

まろんぱぱ♪ 

やっと致せました!以上!(笑)二人が保険と貯蓄を巡り将来のリスクについて語る場面が好きだ♪澄花さん、大人向けコミックで何かに目覚める

2022/01/22

わたー

★★★★★念願の初夜を越えても夫婦の生活は続く。気負いがなくなった分、イチャラブを素直に楽しめる感じがこれまでよりも良かったところかなと。

2021/01/06

MERLI

初めてを終えた後っていうのは、どこか熱が入ったまま冷やされないで四六時中ヤる事を考えているモノなんですかね…。経験が無いからなんとも言えませんが、随分とお熱い事 …幸せな悩みをしてらっしゃるなぁと思いました。…なんか、彼女も居ないしそういう経験も無いから、どうも僻む言い方をする自分がいる。深層心理では彼女は欲しいし、とにかくヤりたいとでも思っているのか…?自分こそサルじゃないか。

2019/12/16

コリエル

澄花の友達環の夫婦はなんかあれはあれで別作品の主人公なの? みたいな。そして、家で焼き肉やりたくないよね。匂いがね。

2019/12/12

感想・レビューをもっと見る