読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

千年の眠りを醒ます『伊勢物語』

千年の眠りを醒ます『伊勢物語』

千年の眠りを醒ます『伊勢物語』

作家
服部真澄
出版社
講談社
発売日
2020-04-23
ISBN
9784065180716
amazonで購入する

千年の眠りを醒ます『伊勢物語』 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ときわ

たぶん初読み作家さんだと思う。読み始めてしばらくしてこれはもしかして丸ごと、同時発売の「令和版全訳小説 伊勢物語」のプレゼン?と思った。随所に「今まで誰もこのことに気づいた人はいなかったんだよ。それが分かった私ってすごくない?詳しくは小説読んでね」(そういう言葉づかいではないけど意味としてはこんな風)と書いてある。でも内容が面白くてどんどん読んでしまい、は~い小説読みますよという気になった。実は最近評判の別の方の「小説伊勢物語」を図書館で借りたんだけど面白く読み進められないうちに返却日が来てしまったのだ。

2020/11/13

鈴木貴博

伊勢物語の解説。作者と同時代の人にとっての常識は書かれていないということを意識しつつ、それらの事項を踏まえたうえで、これまで謎とされ、また解釈が困難とされてきた部分や整合性に難があるように思われる点について、新たな解釈、読み方を提案し、より整合をもって深く物語を理解しようとする。歌のちょっとした新解釈から伊勢物語の世界観が変わるような驚きの発見まで、楽しく読んで視野を広げることができた。新解釈の是非を評価する能力を持たないが、納得感が得られるものが多いのは確か。

2020/06/18

zatugei

「伊勢物語」は名前は有名だが、現在ではあまり読まれない古典文学。江戸時代には、女性にとっては和歌の教科書だったと知って、とりあえず手に取った。在原業平およびその相手の女性たちの社会的は背景を考えると、なかなか生々しい内容らしい。これは解説書なので、翻訳も読んでみたい。

2020/07/28

Tetsuji Yamaguchi

★★★★★

2020/06/09

感想・レビューをもっと見る