読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

愚劣 百万石の留守居役(十四) (講談社文庫)

愚劣 百万石の留守居役(十四) (講談社文庫)

愚劣 百万石の留守居役(十四) (講談社文庫)

作家
上田秀人
出版社
講談社
発売日
2019-12-13
ISBN
9784065181041
amazonで購入する Kindle版を購入する

愚劣 百万石の留守居役(十四) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やま

百万石の留守居役シリーズの14作目。2019.12発行。字の大きさは…小。加賀前田家・筆頭宿老の本多安房政長は、5代将軍綱吉の命で江戸へ出府して来た。評定所での弁明と将軍綱吉への目通りを終え、ゆっくり江戸見物をしている。越前松平家・留守居役の須郷が吉原を訪れた本多政長と瀬能数馬たちを吉原の者達を使って襲わせる…。この結果、瀬能数馬は吉原で大きな力を得る…。仮祝言を挙げた琴が、少ししか出なかったのは😞。早く琴が数馬と一緒に暮らせるように…。政長が江戸へ出て来てから、政長が中心に物語が展開している、残念だ…

2020/01/09

Atsushi Kobayashi

ちょっと面白い?といいつつすでに連載14巻目。相変わらずコピペのページがたくさんあるけど、そこは読み飛ばして本筋だけ追いかけるのが正攻法です。

2019/12/16

なななな

毎巻楽しく読ませて頂いてます。主人公には、またまた災いが降りかかり、続きが待ち遠しいです。

2019/12/16

うさこ@タッタカタ

数馬くんの義お兄ちゃんいいわあー。今回数馬くんの活躍の場なしー!頑張れ! 加賀の殿様の悪癖には笑った。

2019/12/21

ロデタ

面白かった。上田秀人さんのシリーズにしては長いのでそろそろ終わりなのかなとも思うけど、この後どうなるんだろう。次が早く読みたいな。

2020/02/03

感想・レビューをもっと見る