読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

近いはずの人 (講談社文庫)

近いはずの人 (講談社文庫)

近いはずの人 (講談社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
講談社
発売日
2020-01-15
ISBN
9784065181058
amazonで購入する Kindle版を購入する

近いはずの人 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふじさん

突然の交通事故で妻の絵美を失ない、喪失感から抜け出せない夫の俊英。残された携帯電話のロックを解こうと携帯を打ち続ける、遂にロックが解け、8という男と交わしたメールを見つける。見つけたメールをきっかけに、自分の一番近くにいたと思っていた彼女の足跡を辿るうちに、怒りや哀しみとは違う感情が生まれる。彼女との過去から抜け出し、残された俊英は、再起できるのか。

2021/03/15

Miyuki Usa

誰ひとり煮え切らない。妻の死関係なくもともと覇気のない男なんだろうなこの俊英って。帯の『313ページのひとことに感動する』とあるのに気づいて再見したけど、まさかこれのこと?っていう。むしろ最初そこ読んだとき明確な違和感しかなかった。読者がそんな風に感情移入できるシーンがどこにあるのか教えてほしいくらい。独りよがり過ぎ。ストーリーに直接関係ない福田だけかな面白い人柄の人。

2020/03/28

くろにゃんこ

結婚4年目、奥さんがタクシー乗車中に事故で亡くなってしまう。うーん、確かに誰にでも上手に頼る人はいるけど温泉宿に行く?誘う!?残された旦那の行き場のないやりきれなさは分かる気がするが、一緒にいるのに無関心というのは残酷だよね。ちょっとモヤモヤが残る読了でした。

2020/09/12

なっち

小野寺さん2冊目。突然の事故で妻を失った男。残された携帯電話のロック解除を毎晩試みる。自分の知らなかった妻の一面とは…死んだ人に話を聞くのは無理なので、奥さんがどういうつもりで温泉宿に出かけたのか知りようもないけど、好意的に捉えるのは難しい。小野寺さんの書く文章はやっぱり好きだな。

2021/04/07

あみやけ

今まで読んだ小野寺さんとは少し違いますが、やっぱりよかったです。夫婦って、男と女って難しいですよね。自分のパートナーには全く謎はありませんが。自分はどうなんだろう?もうこの年ですが、男と女はいつまでたっても男と女ですね。両方いるから面白い、そう思うことにします。男女夫婦、家族、そんなことを考えました。小野寺さんらしく読みやすいし、おすすめです。

2021/03/18

感想・レビューをもっと見る