読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会長 島耕作(13) (モーニング KC)

会長 島耕作(13) (モーニング KC)

会長 島耕作(13) (モーニング KC)

作家
弘兼憲史
出版社
講談社
発売日
2019-12-23
ISBN
9784065181072
amazonで購入する Kindle版を購入する

会長 島耕作(13) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

会長職を辞する決意をする島耕作。新会長に現社長の国分が昇格するのに従い、空いた社長の座をめぐって社内抗争が始まる。いかにも『島耕作』シリーズらしい展開だが、新社長に島が選んだ人物こそが、実にこのシリーズらしいのだ。ともあれ、会長編はここで完結し、『相談役 島耕作』が始まる。シリーズはたぶん、最終ステージへ突入する。

2020/01/02

ニッキー

ついに、課長島耕作は相談役に。 後任は、なんと女性。 風花凛子は、番外編かなにかで読んだような。 時代は、終わった。

2019/12/24

shonborism

会長編完結。社長は風花部長へ。久しぶりに派閥の話が出てきて面白い。

2019/12/28

メガ猫親父

会長退任。前半は社長と相談し、後任社長の選定。選ばれたのは仕事より恋愛と趣味が大事という女版島耕作みたいな人。但し、自己主張は強そう。

2019/12/25

毎日が日曜日

★★★ 完結。

2019/12/29

感想・レビューをもっと見る