読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

またね家族

またね家族

またね家族

作家
松居大悟
出版社
講談社
発売日
2020-05-20
ISBN
9784065182918
amazonで購入する Kindle版を購入する

またね家族 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いたろう

山内マリコさんの「アズミ・ハルコは行方不明」の映画化作品などを撮っている松居大悟監督の初小説。東京の小劇場で公演する劇団を主宰するタケシは、両親の離婚以来、疎遠になっていた福岡の父親から急に連絡を受ける。ガンで余命いくばくと言われた父親との距離感に戸惑うタケシ。その父親、母親、そして、兄との関係。そんな中、小劇場の演劇から、徐々に活動の場を広げていくタケシだったが・・・。「家族」が縦糸、「演劇」が横糸の物語は、福岡生まれで演劇出身の松居監督自身の経験も反映されている? 監督自身での映画化はあるのだろうか?

2020/09/21

ひいろ

★★

2020/07/01

りょう

肉親のすべてが大好き、なんていうひと、実は信用出来ないんじゃないか、と思う腹黒いあたしは、このくらいの、最後に見送るときにありがとうじゃなくて、またな、くらいの感じが、率直でわかるなあ、と感じます。そこに至るまでのあれこれが、長すぎ感もあるけど、どうやら読了。

2020/10/06

いち

杉咲花さんがラジオでオススメされていたため試し読み。劇作家の主人公が周りの人との関わりを通して父との関係を見つめ直す物語。主人公は、自尊心高めで自分の実力を過大評価するような人であまり感情移入できなかった。芸能関係の人が帯の推薦文を書いていて、その手の仕事をしている人には刺さる部分が多いのかなと感じた。朝井リョウ作品に似た作風の青春もの。

2020/11/22

miso_katsu

家族のことを描いているストーリーって、自分の家族と重ね合わせてしまって辛くなるので避けていたけど、松居さんの作り出すものが好きなので読んでみた。 緑から竹田に向けられた言葉にハッとすることが多かった。私自身を竹田と重ねてしまうところがあったからかな。 家族っていろんな形があっていいんだよなと思えた。

2020/08/09

感想・レビューをもっと見る