読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神の時空 京の天命 (講談社文庫)

神の時空 京の天命 (講談社文庫)

神の時空 京の天命 (講談社文庫)

作家
高田崇史
出版社
講談社
発売日
2020-02-14
ISBN
9784065183519
amazonで購入する Kindle版を購入する

神の時空 京の天命 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nayu

怒涛の一週間が終わった。    日本三景かぁ……いつか行ってみたいなぁ。

2020/04/18

かつおさん

最終話は、閻魔大王と通じていた小野篁の子孫、高村皇による松島の鹽竈神社、宮島の御山神社に厳島神社、天橋立は籠神社に真名井神社、大分 宇佐神宮、名古屋の熱田神宮、東京の神田明神の破壊による日本全土の結界破り。対する辻曲チームは、市杵嶋姫命に鹽土老翁神に素戔嗚尊、更に弟橘媛まで担ぎ出し、正に”幻魔大戦”の様相を呈してきた。これだけ盛った割にはページ数が少ない気もしたが、本シリーズ集大成版としては、面白かった。それにしても潮田教授の話が気になる😖

2021/03/27

Galois Noir

シリーズ完結巻。これまでのシリーズで出会った各地の(ちょっと特別な力を持つ)女性陣の総力結集という、思い切りRPG的な盛り上がり。フィクションとは言え、貴重な文献や建造物が再起不能なまでに失われていく様にやや呆然。本シリーズには一切登場しない桑原崇達だが、ユニバースとしては同じであるため各地でこの数日間のうちに立て続けに起こった事件についてはニュースで目にしているはず。どれだけ衝撃を受けていることか、という作中人物への共感すら覚えてみる。

2020/08/13

naolog

そういえば京都に帰省するといつも市内ばかりなので、天橋立は行ったことがない…。

2020/02/18

イシカミハサミ

トンデモSFとかファンタジーなら 面白かっただろうエンディング。 仮にも巻末に参考文献が載っているような本で やるような物語ではなかった。 歴史考察のほうまで嘘っぽくなる。 あと、火地さんの口を借りて遊女をラフに哀れむのやめてほしい。 こういう頭の人は吉原炎上を見ても 女の業と欲と気高さは読み取らず、 男に狂わされた人生にだけ思いを馳せるんだろうな、と思ったり。 この考え方が偏見でありますように。

2020/04/23

感想・レビューをもっと見る