読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

令和版 全訳小説 伊勢物語

令和版 全訳小説 伊勢物語

令和版 全訳小説 伊勢物語

作家
服部真澄
出版社
講談社
発売日
2020-04-23
ISBN
9784065184103
amazonで購入する

令和版 全訳小説 伊勢物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムカルナス

恋多き貴公子・在原業平を主人公にした物語。「から衣きつつなれにし・・」「筒井筒・・」の歌など断片的には知ってるものの、物語のどの場面なのかは知らなかったので現代語訳で易しく読めてよかった。平城天皇の孫である業平が臣籍降下となった政治背景や藤原北家の栄華の影で没落を余儀なくされる人々など当時の状況も丁寧に説明されていて興味深い。天皇の女御や伊勢の斎宮など禁断の恋を求める業平の女性遍歴は不本意にも臣籍降下となったがゆえなのか・・

2020/08/06

ときわ

う~ん、期待したんだけどなあ。するする全部読んだのだからとりあえずは面白かったけど、看板に偽りあり。「全訳小説」とあるが全訳だけど、第四章以降はほとんど小説になってない。これは「全訳解説」だ。作者は「千年の眠りを醒ます」で、定説は業平の本気の恋の相手は二人だが、私は最初の恋はこの人だから三人!と、高らかに宣言していた。だったら全訳にこだわらず高貴な恋のお相手三人説を生かして、小説にして欲しかった。(いろいろ考えたことがあるのでコメントに書きます)

2020/11/19

らいしょらいしょ

小説、というには、ちょっと最後の方が歌解説になってしまっているけど… 現代語で”あの貴公子”の恋の遍歴を味わえる。業平の心の内など、序盤でしっかり把握できた上で、数々の交わした歌を見ると、単なるプレイボーイなだけではないようだ。そしておなごたちもなかなかにしたたかな返歌を詠む。男も女もいろんなままならぬ事情を抱えていた。千年前の情感豊かな人々の世界を楽しめた。

2021/04/04

隠者

最新版の伊勢物語と言うわけで訳がしっかりされていて読みやすかった。こうしてみると昔から人は変わらないと言うのがわかるし懇ろ昔の方が情熱的でありそれだけ余裕があったのだろうと思うと少し羨ましくも。

2020/07/23

Tetsuji Yamaguchi

2020/07/11

感想・レビューをもっと見る