読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

春、死なん

春、死なん

春、死なん

作家
紗倉まな
出版社
講談社
発売日
2020-02-27
ISBN
9784065185995
amazonで購入する Kindle版を購入する

「春、死なん」の関連記事

「高齢者の性、母親の性。タブー視されているものに挑戦した」紗倉まな、待望の新作『春、死なん』で見せる新境地

 現役のAV女優として第一線で活躍しながらも、作家としての快進撃を続ける紗倉まなさんが、待望の第3作目となる小説『春、死なん』(講談社)を上梓した。

 紗倉さんが作家としてデビューしたのは、2016年2月のこと。『最低。』と題した作品で、自身も所属するアダルト業界を舞台に、性と向き合う人々の姿を詩的な文章で瑞々しく綴った。同作の評価は高く、2017年11月には実写映画化もされ、話題を集めた。

 続く第2作目は2017年3月に発表した『凹凸』。母と娘、そして父との関係を軸にした物語は、チャレンジングな構成が光り、紗倉さんの作家性の鋭さを世に知らしめたと言えるだろう。

 そして、今回の『春、死なん』でも紗倉さんの進化は止まらない。70歳の高齢男性を主人公に据え、孤独な老人が性と向き合う姿を真摯に描いている。また、同時収録されている「ははばなれ」では、“母親の性”に言及した。老人の性と母親の性。多様な意見が尊重されつつある現代においても、これらはまだまだタブー視されがちな話題だ。紗倉さんはなぜ、敢えてそこに切り込もうと思ったのか。先日開催された『春、死なん…

2020/3/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

春、死なん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

四つ葉🍀

「春、死なん」「ははばなれ」老人の性と母の性を描いた2篇収録。雰囲気的には、女による女のためのR-18文学賞を思わせる様な作品。著者は1993年生まれの若い作家さんだが、老人の性を扱った濃密なテーマを瑞々しいタッチで描いていて惹きつけられる。表題作の主人公は、妻に先立たれ、息子夫婦と二世帯住宅で暮らしている70歳の富雄。コンビニでDVD付きのアダルト雑誌を購入する富雄には、夫だとか父親だとか言う前に、一人の男としての存在を感じる。老いが纏わりつき、死へ近づいているからこそ性に執着する人間の本能を感じた。

2020/03/29

えちぜんや よーた

「春、死なん」の方は「老いと性」がテーマ。感想をラーメンに例えると「あっさり塩スープ」という感じかな。性描写はそれほど濃くはない。紗倉さんは「性」をテーマとした小説を書かなくても、それなりに売れると思う。老若男女あらゆる方面の受けを狙うというよりは、同世代の同性(20代後半の女性)の心理描写や日常生活をよく観察した小説を書いて欲しい。その中にたまに性やSEXのことが書かれているスタイルの方がより文才を発揮できると思う。

2020/04/15

クリママ

表題作と「ははばなれ」の2編。作者は27歳のAV女優。そして、この表紙。先入観を持って読んでしまいそうだ。若い女性が70歳男性の心情を描く。何の違和感もなく。いとも自然に。はっとするほど新鮮な文。読み返して意味を考えなければならない文。それだけ特別に扱われる性が、日常生活の一つとして描かれる。「春、死なん」の一人息子、「ははばなれ」の父親、嫌な奴。きっと作者もこんな男を見て嫌悪し、登場させたのかもしれないと思ってみる。それにしても、才能というものはあるものだと思った。

2020/06/01

Vakira

「願わくははなの下にて 春死なん そのきさらぎの望月の頃」by西行法師。この詩の如月(きさらぎ)の望月(=満月)とは昔使われていた陰暦で2月15日。お釈迦様の命日の事。現在の暦では3月の後半となる。「できれば涅槃会、満開の桜の木の下で死にたい」という意味らしい。西行法師のお釈迦様へのあこがれを詠ったものだ。さてこの本「死なん」という単語「死のう」ともとれるし「衰えない」ともとれる。春は季節であったり生命エネルギーであったり。主人公トミーは70歳の男性。妻が亡くなって「願わくば君の横にて 春、死なん」

2020/04/17

kei302

「春、死なん」「ははばなれ」の2編。予備情報なしに読みたかったよ。家族小説にこんな切り口があったとは!富雄がねぇ。。そういうものなのだろうか..よく分からない。「ははばなれ」のほうが感覚的によく分かった。こういう母親いるよ。娘が嫌がるの分かるよ。NetGalleyJP

2020/03/20

感想・レビューをもっと見る