読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

左手のための二重奏(1) (マガジンエッジKC)のおすすめレビュー

「今月のプラチナ本」は、松岡健太『左手のための二重奏』

「今月のプラチナ本」は、松岡健太『左手のための二重奏』

『左手のための二重奏』(1〜4巻) ●あらすじ● 複雑な家庭環境から暗い日々を送る不良中学生のシュウは、同じ学校に通う天才ピアニスト、弓月灯と出会う。しかし直後に二人は交通事故に遭い、灯だけが亡くなってしまう。失意のどん底に落ちて灯の後を追おう…

もっと見る

一緒に夢を叶えよう。左手に宿った天才ピアニストと不良少年の青春ストーリー

一緒に夢を叶えよう。左手に宿った天才ピアニストと不良少年の青春ストーリー

音楽の奥深さにスポットを当てた漫画は時代やトレンドに関係なく、話題になりやすい。だが、『左手のための二重奏』(松岡健太/講談社)は、数ある音楽漫画の中でも異彩を放っている。予想を裏切る衝撃的な展開が次々と繰り広げられ、ページをめくる手が止ま…

もっと見る