読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GIANT KILLING(54) (モーニング KC)

GIANT KILLING(54) (モーニング KC)

GIANT KILLING(54) (モーニング KC)

作家
ツジトモ
綱本将也
出版社
講談社
発売日
2020-03-23
ISBN
9784065189177
amazonで購入する Kindle版を購入する

GIANT KILLING(54) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みやこ

卓越した技術を持つ孤高の存在であった花森が、代表チームの頂点たるに相応しい牽引力を覗かせる。ハーフタイムで花森の口から出たまさかの言葉。ブランのチームに召集された彼の成長に胸が熱くなる。共に戦う仲間たちに響かないわけないよね。試合は膠着したまま後半へ。オーストラリアもチーム内に抱えた問題をこの試合で修正していくことになるんだろうなぁ。それにしても、今回も決着つかないのか。そろそろ国内リーグの試合が見たいよ~、と、気落ちしかけたところでラスト、爆笑して読了。(多分笑う所ではない)何この愉快な期待感。→

2020/03/24

眠る山猫屋

白熱オーストラリア戰。アレックの献身、花森の変容を経て、期待を背負った椿と窪田。日本代表、みんなカッコいい・・・が、最後の最後に登場したあの男の顔。あの男には敵わない。そうだ、やる時はやる男だったっけ、すっかり忘れてたよ14番!!

2020/03/26

なると

サッカーよく分からない私が、久しぶりにジャイキリ読んで気付きました。サッカー選手ってテクニックもさることながら、クレバーで人間的に優れていないといけないのね。というのも、サッカーってチームメイトの11人が連動し合うスポーツで、言葉があまり使えない中でコミュニケーションとらないといけないじゃないですかぁ、展開が早い中で、察し、機転をきかせ、判断しないとならない。しかも、試合ごとに戦略があってそれを踏まえた動きをするわけでしょ…頭良くないとムリだわ。私だったら監督が言ってた事を走っているうちに忘れそう。

2021/01/18

こも 零細企業営業

前半で追い付かれたが、ラストワンプレーで1点突き放したと思ったらファールでノーゴール。それでもハーフタイムで花森の独白(?)でチームにスイッチが入る。そして、後半に入ると日本有利にゲームが進むが決めきれず、反対に失点してしまう。さらにセンターフォワードがもも裏をやってしまい、空気がどんよりとしていたが、、そこに陽気な男、夏木がピッチに現れた!!椿は名古屋戦を思い出している。ぺぺの奇行のインパクトがデカくて思い出せないw

2020/03/24

しましまこ

花森が!!そして夏木ー!楽しくなってきた。

2020/03/25

感想・レビューをもっと見る