読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランド(10) (モーニング KC)

ランド(10) (モーニング KC)

ランド(10) (モーニング KC)

作家
山下和美
出版社
講談社
発売日
2020-03-23
ISBN
9784065189214
amazonで購入する Kindle版を購入する

ランド(10) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

ユートピアかディストピアか。そこに住んでいる人間だけでは、それを決めることは実はできない。なぜなら、比べるものがあって初めて価値が決まるからだ。「この世」と「あの世」。「あの世」の存在を知らない「この世」の人々にとって、比べるもののない「この世」をユートピアと信じることはかろうじてできる。対し、情報を遮断することで「あの世」の人間は「この世」をユートピアにできると信じている。では、「この世」は真の意味でユートピアなのだろうか。ともあれ、「この世」の(そして「あの世」の)命運は、一人の少女によって決まる。

2020/03/26

リラコ

ドームに覆われていたのか。ちょっとだけわからないのが、お父さん。そう、この世に行ってしまう。今ひとつわからない。読みが浅いのかな私。人は感情で動くことが、リアル。真理おばさん結構好きかも。

2020/04/06

りー

次で完結だそうです。この巻の発売日がこの前の3月1日。作者は今、どう思っているだろう。このシンクロを。生老病死が全て詰まった物語。

2020/04/14

還暦院erk

全巻集め中。購入即読了。山下先生描く「ランド」世界が現実の日本とシンクロしてきて怖さ倍増。でも「この世」の子供たちとおっさんズ+山之内ファミリーの面々に救いの芽吹き?次回完結!山下先生、前のめりになって待ってます。結末読むまでは断じて生き延びなければ!

2020/04/25

あこさん

面白かった!杏が言葉を教えることで世界が動きだす。捨吉はアンを助けるためにあの世に行く。この世もあの世も歪みが出てきて人々がパニックになるなか、自らの意思に従って動きだす人たちがいる。 今巻でよかったのは、襲われた杏を助ける真里おばさんと、一時はパニックになりながらも夫の言葉で覚悟を決めて、息子の恋・行動を後押ししてくれた山之内母だな、カッコ良かった。次巻完結らしい、寂しいのぅ、楽しみだのぅ。 山下和美の描く老人と子供は本当に素晴らしい。大好きだ。

2020/03/28

感想・レビューをもっと見る