読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現象学の理念 (まんが学術文庫)

現象学の理念 (まんが学術文庫)

現象学の理念 (まんが学術文庫)

作家
フッサール
須賀原洋行
出版社
講談社
発売日
2020-08-12
ISBN
9784065189498
amazonで購入する Kindle版を購入する

現象学の理念 (まんが学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

jjm

デカルトが「我思う、故に我あり」をなぜ疑わなかったのか誰しも考えるところだと思うが、内在で認識していること自体は疑い得ないというのもよくわかる。疑っている対象の範囲が異なっているのか、「疑う」という言葉の問題なのかは私には不明。現象学と科学は対立しておらず「実在」へのアプローチが異なっているだけというのはなるほどと思った。この漫画を見て驚いたのは哲学者の監修がないこと。漫画家の須賀原さんは学生時代に哲学を専攻されていて、永井さんの著書の中で自身の作品が批判されていることに対してもブログで反論と本格的。

2020/12/26

サンセット

フッサールの用語に馴染みがないので読んでみた。様々な概念(本書で言えば構成的内在?)を使って現象を理解しようとするのは、誰もが日常的にやってると思うけど、概念が先行すると誤った理解をすることがあるのでは、という気付きを得られるのが現象学の良い所だと思う。科学をやりたい人がまず哲学科に行く必要はないとしても、優れた科学者は自分の認識と丁寧に向き合ってるのではないか、という主張は自分もそう思う。例えばリーマンショックが起きたのは、あるいは原発事故が起きたのは、現象をきちんと見ていなかったからではなかったか。

2020/11/26

tori

フッサールの現象学について漫画で読む。 もっと簡単に説明出来そうなことをなんでこう難解な言葉と言い回しを使うの?超難しかったです。 物体の認識など、自分が確信していることが事実であるとは100%言い切れないということですが、当たり前だと思っていることに深い本質があるのかもしれませんね。宇宙とは?自分とは?人間とは?と思考することで生まれる独特で不思議な感覚になるのは嫌いじゃないし、むしろ好きで、そのような気持ちになりました。

2020/08/13

gachin

このマンガで解った気になっていいのかは疑問だけど、解りやすかった。構成的内在を実在として錯覚してしまう(超越)ってのは、今時の科学者ならみんな自然と気を付けてそう。内在の普遍を以ってして真理への漸近を確信する態度は、啓蒙思想から脱却できてるけど、学者以外が科学を語る21世紀ではグローバリズム・定型発達者による大衆の反逆の悪影響を蒙りかねないので、20世紀然とした思想だなという印象。

2021/04/17

でっさん

カントをあらかじめ知っておくのがよいかなと。

2020/08/16

感想・レビューをもっと見る