読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

作家
池井戸潤
出版社
講談社
発売日
2020-09-17
ISBN
9784065190166
amazonで購入する Kindle版を購入する

「半沢直樹 アルルカンと道化師」のおすすめレビュー

「半沢直樹」最終回での伏線回収がココまで絶賛される理由。7年越しのモヤモヤは…

『日曜劇場半沢直樹 公式ブック』(講談社:編/講談社)  俳優の堺雅人が主演を務めるドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第10話・最終回が、9月27日に放送された。視聴者からは、“7年越しの伏線回収”に歓喜の声があがっている。    前回の第9話では、政界のドン・箕部幹事長(柄本明)を追い詰めるための決定的証拠が、大和田(香川照之)と中野渡頭取(北大路欣也)によって、箕部の手に渡ってしまい、半沢は大激怒。「やられたら、やり返す。3人まとめて1000倍返しだ!」と宣戦布告していた。    しかし今回の展開で、頭取の行動には裏があったことが判明。件の資料だけでは箕部の不正を暴けないため、あえて箕部に渡すことで懐に飛び込み、最も重要な証拠である「隠し口座のありか」を探ろうとしていたのだ。このことに感づいた半沢に対して、頭取はかつて、半沢が大和田の不正を暴いた件についても、裏事情を明かしていく。    2013年放送の前作「半沢直樹」では、大和田の不正を暴いたにもかかわらず、半沢は子会社である東京セントラル証券へと出向を命じられ、大和田はただの降格処分という…

2020/10/3

全文を読む

「半沢直樹」最終回の行方を決めるのは上戸彩!? 花ちゃんの意見がここに来て絶大な意味を…

『日曜劇場半沢直樹 公式ブック』(講談社:編/講談社)  俳優の堺雅人が主演を務めるドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第9話が、9月20日に放送された。視聴者からは、上戸彩演じる半沢花の“ある言葉”が、最終局面で響いてくるのではとの予測があがっている。    第9話で半沢は、金融庁を去ることになった黒崎(片岡愛之助)が最後に言い残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、政界のドン・箕部幹事長(柄本明)の不正に関する情報にいきついた。    箕部は15年前、銀行から20億円の融資を受けて、不動産会社「伊勢志摩ステート」を隠れ蓑にして、郊外の土地を二束三文で購入。その後、その場所に空港を誘致することで、土地を高額で売りさばいていたのだ。これが表に出れば、箕部はもちろん、箕部に手を貸した銀行も立場を追われることになる。だが半沢は、全てを打ち明けようと決意する。    しかし、ここで予想外のアクシデントが。箕部を追い詰めるための決定的証拠は、大和田(香川照之)と中野渡頭取(北大路欣也)によって、箕部当人の手に渡ってしまったのだ。半沢は信用していた…

2020/9/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

半沢直樹 アルルカンと道化師 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

みなさんのレビューを拝見して納得。これは前日譚なのね。半沢の肩書とかあまり意識してなかったから。美術品云々が取り沙汰された時点で、バブル直後なのかなぁと感じてた。当時はまだ、日本中が(その価値がわかっていない輩まで)狂乱してたからな。そしてお話の筋はいつも通り(笑)ガーっと盛り上げておいて、ガガガ〜〜っとまとめてくる。タイトル(章題含め)と、なによりも装丁がカッコいい。

2021/01/06

starbro

池井戸 潤は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「半沢直樹」シリーズ6年ぶりの新作、安定の面白さ、何時ものパターンではありますが、楽しめました。どうしてもドラマの配役がちらつきます。 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75018

2020/11/13

ウッディ

美術雑誌を扱う大阪の老舗の出版社、仙波工藝社のM&Aを巡る半沢融資課長の活躍、顧客を出世の道具としてしか考えていない小悪党たちに正義の鉄槌をふるう半沢の最後のプレゼンは爽快感抜群でした。現代アート「アルルカンとピエロ」をめぐる二人の芸術家の友情に胸が熱くなり、半沢の部下や顧客、そして杉田人事部長のように正しいことを正しいと言える人達がいることに勇気をもらえたような気がします。単なる勧善懲悪の物語ではなく、しっかりと伏線が回収され、スッキリ感も倍増です。浅野や小木曽など、雑魚キャラも健在で、面白かったです。

2021/03/15

bunmei

全く中央銀行の裏側というのは、これほどまでに醜い骨肉の争いによって、成り上がった連中に支配されているのかと思うと、銀行への預金を考えてしまう。テレビでは最後、頭取まで上り詰めた半沢でしたが、今回の舞台は大阪の大阪西支店、半沢はそこの融資課長。いつものごとく、保身に目が癖む悪代官の上司に目の敵にされて、二転三転する中でも、バンカーとしての誇りを忘れずに信頼を勝ち得て、その難局を切り開いていく。途中、絵画の話は、マハさんの作品を読んでる錯覚に…。熱き男・半沢が、最後は悪を跪かせる勧善懲悪なバンカー物語です。

2020/10/14

Yunemo

いつの間にか劇画調の表現方法が馴染んでしまった半沢直樹シリーズ。映像と役者と小説が一体感。中身を読むまでこの表題が何を意味するのか解りませんでした。今までなかったミステリー仕立てになっていることも。銀行の支店っていろいろなことがありますよね。若い時代の融資課長半沢の生き方が、今の活躍を物語ってます。世の中の事象には表と裏があって、真実は往々にして裏面に宿る、と言わしめていますが、本来は真っ当に表だけの世界で生きていきたいもの。それを具現化する半沢の生き様に爽快感があって、細かいことに拘らず堪能できてます。

2020/09/22

感想・レビューをもっと見る