読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

砂の城 風の姫 (講談社文庫)

砂の城 風の姫 (講談社文庫)

砂の城 風の姫 (講談社文庫)

作家
中村ふみ
六七質
出版社
講談社
発売日
2020-05-15
ISBN
9784065190272
amazonで購入する Kindle版を購入する

砂の城 風の姫 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミュポトワ@猫mode

天下四国シリーズ 2巻読了しました。この巻は、作者がハッスルしちゃったの?って思うくらい面白かったです。ようやく筆がのってきたのかって思いながら読んだんだけど、たぶん、俺の勘違いwどうも俺は、強い女の子が好きみたいです。この巻の主人公とか桜嵐とか陽子とか…この巻も主人公のおかげで読み手である俺がハッスルしたんだなって後になってから思いましたw強くて行動力のある女の子はやっぱり良いのですよ♪だって読んでて楽しいもの!ってことで、この巻も無事最後にまとまったので、次の巻も読んでいきたいと思います♪

2020/09/10

はな

まさかそうなるとは。でも、はきはきしてて感じの良い王女様。いいお嫁さんになりそう。姫に「殿下の正妻」と言われて固まる那兪が可愛すぎた。おまけ(?)の那兪の短編がすごく良くて…。昔から優しかったのね。飛牙が「縁を結べた天令が那兪でよかった」というのも深く頷けます。そして黒い翼の彼。殿下の浮気(?)を小耳に挟んで腸煮えたぎってました(笑)次巻が楽しみ。

2021/01/31

ルシュエス

真っ直ぐな気性で欺瞞に満ちた国政を何とかしようとする甜湘…一人ではなかなか達成が難しい所を飛牙と那兪が後押しする…面白くなってきました。「南天の夢」を見ると、那兪はどうしようもなく情が深いんだろうな、と。

2020/08/18

ベル

国ごとだと思っていたので、普通に飛牙出てきて嬉しい〜! 飛牙は裏雲を救う方法を求めて女王の治める燕国へ。王女である甜湘と城下で出会い、成行きで甜湘の『胤』となることに。甜湘が可愛くてたまらんでした!そしてじわりと滲み出る飛牙のお育ちの良さがツボです。良いキャラもたくさん出てきて、もう少しじっくり読みたかったかも。飛牙の旅は続くけど、思わず「えっ!」という流れに。なんかいい二人だな。有為とても良かったので、燕に戻って来たときはバンバン出てきて欲しいです。

2020/09/14

イシカミハサミ

序盤は1巻の流れを引き継いでか、 まだ伝記を意識したような展開と人物なんだけれど、 今回登場した名跡姫のキャラクターのおかげか、 中盤以降テンポも上がってとても読みやすく。 エンディングも想像してたよりしっかり上回ってくれて、 いい読書になりました。

2020/08/27

感想・レビューをもっと見る