読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファーブル君の妖精図鑑

ファーブル君の妖精図鑑

ファーブル君の妖精図鑑

作家
井上雅彦
出版社
講談社
発売日
2020-10-29
ISBN
9784065190333
amazonで購入する Kindle版を購入する

ファーブル君の妖精図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rosetta

★★★☆☆風光明媚な地方の街彩野辺。東京の美大を辞めた真亜梨は母の故郷であるこの地で喫茶店を兼ねた小さな図書館の仕事に就く。店主の甥のファーブル君は人には見えない妖精観察に励む口数の極端に少ない若者。真亜梨は彼の観察レポートを読んで見事に絵を描くことが出来た。次第に打ち解けて行く二人。 ミステリー要素と幻想趣味のバランスがちょうどいいが、最初のうちファーブルの書く物が詩的過ぎ抽象的過ぎて難解でなかなかついていけなかった。二人の生い立ちに関わる大きな謎はとりあえず解決されるがまだ幾らでも続きそうな予感

2021/01/15

ひさか

メフィスト2018年VOL.2〜2019年VOL.1掲載のものに加筆修正して、2020年10月講談社刊。顔のない薔薇、歌うシメール、湖の精霊たち、燦めく輪の中で 、みえない友だち 、ミチオシエ、みどりの指、の7つの連作短篇。真亜梨の出自や能力の謎がちらちらと各編に出てきて、気になりました。ところどころで、少しずつ明らかになって行くのは、楽しかったです。登場人物達の謎は、出揃ったのか、それとも残っているのかが、気になります。

2021/03/07

Kei.ma

場面はいきなり綾野辺鉄橋を走る列車内から。憧れの余部鉄橋が思い浮かびあっという間に物語に吸い込まれてしまった。森と泉に奇妙な昆虫たちが舞う。全編覆うイギリスの薫り、そういえば筋立てもノスタルジックな雰囲気で心地よい。黒づくめの衣装に捕虫網を担ぐファーブル君は神出鬼没だ。そのファーブル君の難解なメモを解くのは、主人公遠野真亜梨。読むほどに、物語は想像以上のスケールの大きいものだと分かってきてワクワクした。子どもだって楽しめるこの本、知的で愉快で大満足である。

2021/02/23

えも

見えないものが視える少年と、視えないのに絵に描けてしまう少女のコンビが、奇妙な事件を解決し、同時に彼女ら自身の謎を明らかにしていく▼これは好きなやつ♪ 枯淡要素が不足しているけど、西洋風「家守綺譚」といった感もあります。

2021/01/19

まぁ

表紙買いしたら続き物的な雰囲気で終わった。自信を喪失して田舎にやってきた絵描きの真亜梨さんと独自の世界を見る庭師のファーブル君が、北欧風味な日本の田舎で謎を解き明かすんですけど、これはやはりファンタジーなんでしょうね。妖精は美しいだけのものではないのだろうなぁと感じつつ、ファーブル君が描写する妖精よりも人間の方が醜悪だろうと思いました。

2020/12/29

感想・レビューをもっと見る