読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

修羅の家

修羅の家

修羅の家

作家
我孫子武丸
出版社
講談社
発売日
2020-04-15
ISBN
9784065191668
amazonで購入する Kindle版を購入する

修羅の家 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

書店で気になり、図書館に予約して読みました。我孫子 武丸、初読です。「尼崎連続変死事件」角田美代子を思い出させるような内容、怖いモノ見たさで快調に飛ばしましたが、後半失速して少し残念な作品となりました。最期まで修羅道を貫いて欲しかった。【読メエロ部】

2020/07/06

nobby

まずは物語の展開の仕掛けに珍しく気付いたことに得意気!まどかの正体まで見切っていたのは威張れないけど(笑)平凡な中年女性が突如、鬼畜で下品極まりない悪魔へと変貌する様はなかなか強烈…そこから導かれる“家族”という名の洗脳の様子は、個人的には多くの小説やノンフィクションで詳しく触れてきたので正直インパクトは少なめ。ただ、事件を誇張した描写から嫌悪のみ残した他作品と比べると、きちんとミステリ絡めた今作はスッキリ読める。『殺戮にいたる病』を凌ぐの謳い文句は微妙…その大掛かりな驚愕や強烈なグロにはとても敵わない…

2020/07/02

utinopoti27

一家はなぜ悪女・優子の精神的支配に蝕まれ、抜け出せなくなったのか。そしてこの奇妙な疑似家族の向かう先は・・。本作はあの「尼崎事件」をモチーフに、ミステリ風のアレンジを加えた作品だ。物語は、レイプ殺人の現場を見られたことで、優子に弱みを握られた男と、疑似家族の娘に好意を寄せる男、二人の視点で進行する。重苦しく、胸クソの悪くなる場面はさすがの描写力だが、意味深な仕掛けのほとんどが消化不良のまま終わってしまう。もやっとした収束を含め、狙いが見えてこないのは読んでいて辛い。読み手を選ぶタイプの作品かもしれない。

2020/06/08

モルク

ああ、胸くそ悪い!モチーフは尼崎や北九州の事件。家を乗っ取り、洗脳し、奴隷と課す女。家族だからと共同責任、罰則も自分達で与え、女は決して自らの手は汚さない。そして地獄にはまりそこから抜け出すことはできない。欺こうにも、勘が働き何でもお見通しの女。背いたときの報復、家族に対する仕打ちを思うと逃げることもできない。そして最後のどんでん返し。あれっそういうこと?なんかモヤモヤ。「殺戮に至る病を凌ぐ」のキャッチコピーが、やけにハードルをあげてしまった!

2020/08/27

ゆのん

【NetGalley】『殺戮にいたる病』同様、嫌悪感100%な状態のまま読了。ある男が女性をレイプし殺害した現場を目撃されてしまう。目撃した女は彼を家に連れて帰るが、そこに住む『家族』は暴力と恐怖でがんじがらめにされていた。人が人を恐怖で支配するという怖さと、麻痺してゆく支配される側の常軌を逸してゆく過程が物凄く、読んでいる側も病んできそうな程。怖いというよりも嫌悪感の勝る内容だった。71

2020/03/23

感想・レビューをもっと見る