読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

その一秒先を信じて アカの篇 (講談社タイガ)

その一秒先を信じて アカの篇 (講談社タイガ)

その一秒先を信じて アカの篇 (講談社タイガ)

作家
秀島迅
出版社
講談社
発売日
2020-03-19
ISBN
9784065191699
amazonで購入する Kindle版を購入する

その一秒先を信じて アカの篇 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

難病に冒された弟の治療費を稼ぐため、ボクシングで勝つことを宿命づけられたアカこと暁。勝利を重ねるごとに孤独が苛む天才ボクサーとなっていった彼の前に、幼馴染の心優しかった少年・シロがライバルとして立ちはだかる青春小説。レンにその才能を見出され、天才少年ボクサーとして注目を集めるアカ。けれど彼には病弱の弟と一人で二人を養う母親の存在があって、大切な存在であるがゆえの葛藤もありましたけど、周囲に支えられるシロを羨む彼にも信じてくれる人たちがいて、苦難を乗り越えてて対戦したシロとの激闘とその結末は印象的でしたね。

2020/05/05

タカギ

「シロの篇」でシロがアカを裏切ったと書いたけど、アカはそれをやつあたりだと知っていた。負け犬は自分だと。貧しい母子家庭に学校にも通えない病弱な弟。それでも強くなって家族を守るために始めたボクシングで、頂点に立ちながらアカは孤独を深める。そんな時アカはシロのことを考える。どうやらボクシングを始めたらしい幼なじみと、リングで闘いたい…。シロに対する友情も兄弟愛も良かったけど、ヒロインは「シロの篇」に軍配。彼女を助けにアカがジムに乗り込む場面では『ろくでなしBLUES』か、とツッコんだ。全体的には好きでした。

2021/02/21

ともりぶ

シロとアカ両方読まないと物足りない。アカも最初は弱かったのは同じだけど、兄弟の存在が真逆なので単体として読むならシロの方が面白かった。とはいえ、相手に再起不能なダメージを与えても試合が終わったら全く関係なくなるのが怖すぎてボクシングは苦手。

2020/07/28

tak

【20-52】読了。記録するの忘れてた。まずはアカの章から読んでみた。ボクシングとか格闘系はさほど興味ないけれど、試合のシーンはやはり燃える。シロの章からの視点になるとどーなるのかなーと少し期待です。

2020/11/24

chisarunn

アカ、シロどちらから読んでも楽しめる、とありますがおすすめはアカから。なぜならアカのほうがちょっと「あしたのジョー」っぽいし、これはもしかしたら…という一番イヤなほうへ展開する。もう、なんであんたはそこから立ち上がれるの、もういいよ。でも、それがホントに強いって事なんだねきっと。

2021/04/20

感想・レビューをもっと見る