読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM(1) (KCデラックス)

攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM(1) (KCデラックス)

攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM(1) (KCデラックス)

作家
藤咲淳一
吉本祐樹
出版社
講談社
発売日
2020-04-20
ISBN
9784065192092
amazonで購入する Kindle版を購入する

攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM(1) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さくりや

めっちゃ面白い!SSSより後の攻殻で1番面白いのでは?原作の続きの物語、という設定のパラレルという認識。くどめのギャグもオリジナル要素としてアリだし、宗教絡みのストーリーはSACっぽくて良い。押井・神山両監督が可能性を広げ過ぎて「攻殻らしさ」が多様化しているが、私は攻殻らしさを感じた。ツナギは可愛いし特殊能力もあるし、どっかのピンク頭よりずっと9課に馴染んでいる笑。でもトグサのイケメン化は違う。あの冴えない容姿で熱くて正義感強くて有能なのがかっこいいんですう!次巻……素子出てきそうだけど告知日ィ……

2021/01/27

Tenouji

先ず、話しが面白い。悪ふざけのテンポも、悪くない。テクノロジー的にも新技術が取り入れられいる一方、他の設定は捨てきれない人間のアナログ思考を対比させていて、なかなか、いいんじゃないでしょうか。

2021/05/08

毎日が日曜日

★★★★

2021/04/18

山田

ストーリー的には、先の読めなさやワクワクするスリル感が「攻殻らしいな」と。 ただ根っからの攻殻ファンとしては、「キャラで遊ばないで欲しい」と思ってしまう。 トグサはなんか中性的な顔立ちだし、バトーはあんな変な顔しないし。 最後まで付き合うけどさぁ…

2020/06/04

わらぼっすん

「攻殻機動隊のつづきの世界」とのことですが士郎正宗は一切かかわっていません。内容も原作との設定の齟齬、キャラの性格の違いなどが多々見られるので『 続きではありません 』宣伝詐欺だと思います。そもそも九課は素子を捜索する組織ではないので「義体の身元が草薙素子」という情報だけで貴重な人員を割いて調査する」という前提がおかしく感じます。攻殻機動隊1巻のラストで「再会するときの暗号」をバトーとかわしているので何かあればわかるはずですが、THAではそのことについて触れないのできっとバトー本人も忘れているのでしょう

2020/04/21

感想・レビューをもっと見る