読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ライドンキング(4) (シリウスKC)

ライドンキング(4) (シリウスKC)

ライドンキング(4) (シリウスKC)

作家
馬場康誌
出版社
講談社
発売日
2020-04-23
ISBN
9784065192245
amazonで購入する Kindle版を購入する

ライドンキング(4) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

凶悪な面相をした野獣に跨りたいだけの変態こと、プルチノフ大統領。新たな旅立ちです。腹黒いホッチが大統領だけに捧げる純粋な愛、キャルマーの可愛さ(もきゅっ)。新展開も期待大です。

2020/05/07

sin

誇り高き魔族に、ゲスな只人、それはそれ、大統領は騎乗に酔う、ただただ我欲に忠実に!乗る!乗りたい‼️そして新たな冒険へと旅立つ!それを追うブラコン!物語は新たな局面へと転がり込む!

2020/09/24

むっきゅー

魔族に滅ぼされた子爵領地から逃げ延びた、最初の町の住人達を迎え入れたプルチノフ大統領。一気に人口が増えたため食料問題を解決しつつ、プルチノフ大統領がパーティーメンバーを引き連れて、魔族領に向かう。大統領の戦闘力もさることながら、指導者としての人間力が素晴らしい!清々しい気分になれる異世界ファンタジーですね。

2020/04/25

トラシショウ。

「だが我らはそれでも押し通らねばならぬ。君達の慈悲を無視しても・ならば・卑劣な真似は出来まい」。積読消化。魔族の侵攻により陥落したゴルドーの街。そこからの難民も受け入れ、地盤を確かなものにしていくプルチノフ村だったが、魔族の来歴と実力を重く見たプルチノフは彼らと直接交渉すべく、生息するとされる領域への海底トンネルを目指す事に。未知の(ライドン出来そうな)動物の事を聞くと本当にイキイキとするなコイツは(笑)。お話としてはツナギの巻なんだけど、諸々新情報開示で飽きさせないのが上手いなぁ(以下コメ欄に余談)。

2020/05/08

レリナ

こんな優しくて頼もしい国の代表が欲しい。大統領が楽しそうに魔獣達に騎乗する姿はやはり外せない。どんな強敵が現れても大統領に勝るものなし。肉体派大統領にかかれば最早魔獣は騎乗する友。今回の強敵をどう倒すのか、気になる。大統領が楽しそうな顔をするだけで、この漫画面白いよね。大統領流の技名イカすわ。ファンタジー作品になりつつあるけど、大統領のライドンは忘れない。初心を忘れない、キャラを大切にする作品は面白みが落ちない。これから幾らでも面白くなる可能性を秘めた作品。さあ、大統領と旅にでよう。次巻に期待。

2020/04/27

感想・レビューをもっと見る