読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

とんがり帽子のアトリエ(7) (モーニング KC)

とんがり帽子のアトリエ(7) (モーニング KC)

とんがり帽子のアトリエ(7) (モーニング KC)

作家
白浜鴎
出版社
講談社
発売日
2020-05-22
ISBN
9784065192665
amazonで購入する Kindle版を購入する

とんがり帽子のアトリエ(7) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

これまでずっと謎だったキーフリー先生の過去が明らかに。思っていたよりもゾワッとするものだった。そして今の状態にも驚きが。手段があるのにその手段を選べない苦しさ。それを吐露するココの表情も。あと湖の魔物がハンパない。そして終盤のキーフリーの決意にまたゾワリと。その辺がこれからの展開でしんどいものに繋がっていきそうでザワザワさせる。

2020/06/07

exsoy

ちゃんとココは弟子で、キーフリーは師だった。

2020/06/18

美周郎

キーフリー先生私怨なのか、義憤だと周りが止めにくいからか。さらりと挟んであったが「男かよ」テンドンが来るとは思わなんだ。

2020/05/26

ルシュエス

キーフリーがつばありに拘る理由と過去が展開される7巻。 つばあり容赦ないですね…故にココに対して試練を与えつつも成長をのんびり待っているのが不気味。 ココもちょっと背中を押してもらえて前に進む。 巻末の世界設定がけっこう楽しみです。

2020/05/24

たとえばオルタンシア前のウマの弱キャラがSHOW BYの蜘蛛でピクニックするような西郷△

今回はキーフリーの過去と目的を知ったココの不安は計り知れないでしょうね。母を助けるために危ない橋を渡らないと行けないわけですから。キーフリーの過去も判明してさらに物語が混迷してきましたね。しかも制限時間付き。オルーギオの申し出も拒否してどうやっていくのか。次回が楽しみです。

2020/09/18

感想・レビューをもっと見る