読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涙雨とセレナーデ(6) (KCデラックス)

涙雨とセレナーデ(6) (KCデラックス)

涙雨とセレナーデ(6) (KCデラックス)

作家
河内遙
出版社
講談社
発売日
2020-05-13
ISBN
9784065196052
amazonで購入する Kindle版を購入する

涙雨とセレナーデ(6) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

harutamano

ふーむ、どうしてこんなに心がギュッとなるシーンが描けるんだろう。今宵だけはのとこ、馬車の中のシーンたまりません。1巻読んだときは5巻ぐらいで終わるかなと思ったけど、まだ各キャラクターの背景やら想いがあふれてゴールは先っぽいかな。

2020/05/20

たいたく

なんでこうキュンとなるシーンばかりなのか!「宴が終わるまで君が俺の許嫁でいて」っても〰️!!武虎も雛子を憎からず思っている?菊之進も参戦か?もう、とりあえず ひなにたーくんとゆっくり話しさせてあげて!

2020/05/17

明那

ハラハラドキドキしながら夢中に読んでしまいました。恋模様も気になるし、スマホ取られたし、座長もきっと亡くなった彼女の事想って悪い事してるのかなと辛くなるし、どれも凄く面白くて、早く続きが読みたいです。

2020/05/24

邑尾端子

以前に一巻を無料で読んでから気になっていた作品。2~6巻まで一気読みした。一巻を読んだ際の印象とは変わって、どんどん深刻な問題や謎が浮上してハードさが増してきた。主人公が明治時代にタイムスリップしたことにも、意味があるんだろうな。

2020/10/01

なんだ了

面白かった〜。たーくん、いきなり一人称が俺になるのやめてくれ。めちゃくちゃロマンティックなこと言ってくれるじゃん。 表紙でふたりが同じ方向を向いてきて内容を表してるなと。菊之進んんん😭

2020/06/24

感想・レビューをもっと見る