読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

作家
赤名修
出版社
講談社
発売日
2020-08-20
ISBN
9784065196182
amazonで購入する Kindle版を購入する

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

野田聖子VS寺

土方歳三という人は、幕末の新選組時代はいろんなフィクションによく登場している。しかしあの写真に象徴される明治になってからの彼は、史料が大量に残っている為にがんじがらめにされて、時代劇の人気者から不自由な歴史上の人物になってしまいがちである。しかしこの漫画はその史料の合間を縫って、歴史人物の土方歳三にフィクショナルな翼を与えて、自由闊達に大暴れさせている。それも赤名修の見事な絵が再現のように素敵である。肩の凝らない娯楽ヒーロー歴史漫画。幕末・明治維新物が好きな私は早く2巻が読みたくなる。土方歳三はこれだよ。

2020/09/19

Die-Go

新選組副長土方歳三を主人公にしたマンガ。絶妙に史実とフィクションを織り交ぜている。アクションシーンがけっこう好きかも。今後に期待。★★★★☆

2020/08/24

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

土方歳三が維新後どう闘ってきたのか気になる話。金神では偏屈爺だけど、結構史実に基づいて書いてあるらしいので、今後が楽しみ。でも、沖田が同行したのは違うちゃないかな。

2021/09/05

り こ む ん

フィクションではあるけれど、史実の裏には実は…たられば話。面白いような?う~ん??なよーな。狭間の絶妙なモヤモヤ感。タイトルだけだと、ハートを鷲掴み!なのだけど…ゴールが私のなかで3通り。前ふり的には…史実でゴールを知っているぶん。突き抜けるのか?突き抜けないのか?本当に絶妙にモヤモヤする作品。

2020/08/24

先輩が読んでて気に入ったけど、布教熱心な先輩だから貸してと頼むと他のも布教されそうで、自分で買いました

2021/08/22

感想・レビューをもっと見る