読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC)

作家
赤名修
出版社
講談社
発売日
2020-08-20
ISBN
9784065196182
amazonで購入する Kindle版を購入する

賊軍 土方歳三(1) (イブニングKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

最近やっと思春期が来た寺

土方歳三という人は、幕末の新選組時代はいろんなフィクションによく登場している。しかしあの写真に象徴される明治になってからの彼は、史料が大量に残っている為にがんじがらめにされて、時代劇の人気者から不自由な歴史上の人物になってしまいがちである。しかしこの漫画はその史料の合間を縫って、歴史人物の土方歳三にフィクショナルな翼を与えて、自由闊達に大暴れさせている。それも赤名修の見事な絵が再現のように素敵である。肩の凝らない娯楽ヒーロー歴史漫画。幕末・明治維新物が好きな私は早く2巻が読みたくなる。土方歳三はこれだよ。

2020/09/19

Die-Go

新選組副長土方歳三を主人公にしたマンガ。絶妙に史実とフィクションを織り交ぜている。アクションシーンがけっこう好きかも。今後に期待。★★★★☆

2020/08/24

り こ む ん

フィクションではあるけれど、史実の裏には実は…たられば話。面白いような?う~ん??なよーな。狭間の絶妙なモヤモヤ感。タイトルだけだと、ハートを鷲掴み!なのだけど…ゴールが私のなかで3通り。前ふり的には…史実でゴールを知っているぶん。突き抜けるのか?突き抜けないのか?本当に絶妙にモヤモヤする作品。

2020/08/24

stella

ジャケ買い。初っぱなから引き込まれた…!実は初恋は小学生のとき出会った土方さんのお写真なのです(*・д・)これでまた惚れ直しちゃった

2020/09/05

新選組もので必ず土方がどこかで思いそうなこと、近藤さんの首をちゃんと弔えれば、総司といつまでも一緒にいられたら、会津のお殿様が労ってくれたらば。それらを全て叶えてしまう、夢の展開。後々どうなるのか心配になるほど。とりあえずは端麗な画と共に楽しむ一方だが。

2020/10/30

感想・レビューをもっと見る