読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かくしごと(12) (KCデラックス)

かくしごと(12) (KCデラックス)

かくしごと(12) (KCデラックス)

作家
久米田康治
出版社
講談社
発売日
2020-07-17
ISBN
9784065199817
amazonで購入する Kindle版を購入する

かくしごと(12) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

最終巻。TVアニメと同じ終わり方をしていて、補足はあるものの同じ感動を味わうことができました。これまでの著作とは違い、1巻の時点で最終話について描いていたので、驚きはありませんでした。どちらかといえば、綺麗に作品を締めたな…と感じました。表題がかくしごとですが、その裏で姫ちゃんのお話であるひめごとがあった。洒落が効いてますね。また表紙は青を基調にしていましたが、これは希望の色だったんですね。初めから終わりまで考えられていたのだな。ストーリーテラーの才能があるので次はギャグなしでのデビューはいかがでしょうか

2020/10/10

こも 零細企業営業

アニメに全権委任されたと勘違いして、滅茶苦茶言いまくる編集が担当漫画家の悪評を振り撒く。。それを編集長が家庭訪問のタイミングで来て娘と作品の扱いを混同する話の持って行き方が見事。最後は記憶の整理出来て来たら娘に見るなと言って、、姫ちゃんの秘事で終わり。姫ちゃんも多才だね。

2020/07/17

山猫

そうきたか。やられたな。姫ちゃんのお母さんはまだ帰って来ないけど、一応ハッピーエンドだな。

2020/07/18

HERO-TAKA

アニメを観ていたのだが原作を読んでいなかった。ラストの展開の大筋は同じだったけれど、カットされていた重要な要素が明かされていて驚いた。「色めがね」の話が面白いと思っていたら、それがちょうど伏線になっていておおっとなった。アニメのEDが、いくら使用料が高くても大滝詠一「君は天然色」を採用することに過干渉だったに違いないです。久米田先生ぐらいのベテランの漫画家でも「紙の漫画はこれで最後です」となってしまうのは悲しい。

2020/11/12

ソラ

アニメで先に完結は知っていたけれど今回もきっちり綺麗に終わったなぁと。

2020/07/18

感想・レビューをもっと見る